1つでスキンケアができるオールインワンジェルとは?

オールインワンジェルに含まれている美白成分は?

オールインワンジェルで美白効果(メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ効果がある)を表示しているものは薬用(医薬部外品、医薬品)となります。そのなかで美白に良いとされる成分はどういったものがあるのでしょうか?

代表的なものでは以下のような成分があります。

  1. アルブチン(メラニンに作用)
  2. ビタミンC誘導体(メラニンに作用、にきび予防)
  3. デクスパンテノールW(メラニンに作用)
  4. 4-n-ブチルレゾルシノール(メラニンに作用)
  5. トラネキサム酸(肝斑に作用)
  6. グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症性作用)
  7. ハイドロキノン(メラニンに作用、漂白のように作用が強め)

  • アルブチンはメラニンの生成を阻害する物質です。コケモモや梨などの身近な食材に含まれる物質ですが、美白に効果的な成分として医薬部外品の化粧品に配合されています。
  • ビタミンC誘導体は美肌に万能といえる物質です。ビタミンCを少しだけ変化させて肌から吸収されやすくしたものです。これを肌に塗るとメラニンの生成を抑えたり、皮脂によるニキビを予防したりと嬉しい効果があります。そして手軽に入手できて副作用も少ないので使いやすくなっています。
  • デクスパンテノールWはポーラが2019年に発売したホワイトショットLX、MXに配合されている新たに承認された美白成分です。
  • 4-n-ブチルレゾルシノールは1998年からポーラのホワイトショットなどに配合されている美白成分で「ルシノール」という呼び方をしています。
  • トラネキサム酸は顔の両頬にあるような赤茶色い広がりですが、毛細血管が傷んでいることが原因なので炎症を抑える成分であるトラネキサム酸を配合したりすると肝斑による肌のトラブルは解消できそうです。
  • ハイドロキノンは強力な成分です。日本で製造された医薬品、医薬部外品はしっかり管理されているので安全な配合量になっていますが、含有率が高かったりアレルギー症状などで肌が赤く腫れることもあります。塗った跡は日光に当たらないように注意した方が良いとされています。海外製のものより日本製の安心できる商品を選ぶ方が安心です。

ハイドロキノンもビタミンCもフイルム写真の現像に使用されていた成分です。

フイルムは撮影する時に光を当てて日焼けさせます。現像するときには漂白して黒い部分を白くします。それがネガフイルムという白黒が反転したフイルムになります。それをさらにL判などの写真の印画紙に焼き付けると再び反転するため、正しい色の写真ができあがります。

肌の美白も写真の現像も似ています。フイルム写真もお肌も紫外線と戦っていたのですね。

ハイドロキノンは強力ですが扱いも慎重に行うべきものです。塗った後、日光に当たると肌に刺激を与えてしまいますので避けるように表記されていると思います。夜塗ってケアするような使い方になります。

日差しが強い季節はシミやそばかすができるのを防いで「秋、冬」に本格的な美白ケアを行う方もいます。

このようなこともあって、いつでも使いやすい美白ケア成分のオールインワンジェルが多くなっています。ビタミンC誘導体は優秀で美白ケアとニキビケアにもよく、高価な化粧品などに配合されています。

赤みや炎症肌にはトラネキサム酸やグリチルリチン酸ジカリウムなどが配合されたジェルがおすすめです。

また、美白成分だけでなく皮膚の深くにあるシミの原因にアプローチできるように配慮されたジェルかどうかも選ぶポイントになります。

*上記の説明は成分の説明です。薬用の美白オールインワンジェルで表記できるのは「メラニンの生成を抑えてシミ、そばかすを防ぐ効果がある」というものになります。

アメリカのオールインワンジェルをアイハーブで買う!?

基本的に化粧品は日本で製造、販売されているものを使用することをおすすめしますがiHerb(アイハーブ)を利用すれば海外の美白用の化粧品

を探すことができます。

美白成分の名前で検索すると見つけやすいです。

とくに値段が安いということもありませんので利用するメリットがあるかどうかはわかりません。また、品質や成分量も日本でのテストが行われていないので同じように海外の基準で安心できるとは限りません。

強い作用があるハイドロキノンなどの美白成分が入ったものは日本のものを使うことをおすすめします。

敏感肌の方に安心のジェルは?

アレルギーのある方は特別に気をつけなければいけませんが、アレルギーとまではいかなくても敏感肌という中間的な状態だと思っている、もしかしたら何かのアレルギーかもしれないけど原因が分からない方などもいらっしゃると思います。

ご自分が過去に経験した化粧品の肌トラブルを覚えておいて似たような成分のものは避けるなど考えて選んでいくのがいいかと思います。

敏感肌にも使えるというような自然の植物だけを原材料にした化粧品でも必ずしも敏感肌の方にトラブルがでないわけではありません。

ほとんどの化粧品の原材料は植物から抽出された成分を材料にしています。植物に含まれる成分は薬草や毒にもなるくらい強いものもあります。

影響がでないとはいえませんが、敏感肌の方に配慮したオールインワンジェルの方が安心はできそうです。

脂性肌によいジェルは?

スキンケアで大事なことに脂性肌やそれにともなう肌のトラブルがあります。ニキビの原因ともなりますが、乾燥肌の悩みと同様に気になるところです。

肌の状態を正常に戻すことによって正常な分泌量に戻るようなケアがいいと思います。

保湿をすると皮脂の分泌が正常に戻ることがあります。これは乾燥すると皮膚を守るために皮脂を多く分泌してしまうという理由のためです。

赤み肌や肌荒れをケアしたいなら?

薬用オールインワンジェルには肌ケアのための成分が含まれています。とくに美白と書いてあってもメラニンの生成を抑えるのか、ハイドロキノンのように強力な効果を求めるのか?炎症を抑えるような成分が入っているのかの違いがあります。

赤み肌の原因は肌荒れや炎症を起こしているようなこともありますので、そのような方は抗炎症性の成分が含まれた薬用オールインワンジェルがおすすめです。

乾燥によるシワ対策には?

乾燥肌と小じわはセットのようなものです。

皮膚が垂れてきてできたシワには効果がありませんが、乾燥による小ジワには保湿成分や潤い成分が効果的です。

潤い成分だけですと薬用(医薬部外品)ではなくても適したものもありますので安く済ますこともできます。

高保湿成分が配合されているジェルは?

薬用で保湿成分として表記されているものにはいくつか種類があります。

強力な保湿成分があるもの、肌自体を生まれ変わらせる助けをするものなどがあります。

効果的なものほどオールインワンジェルの価格が高価になっていきます。それだけの価値がありますので毎日使うのには安いものを使用して、ここぞというときに高保湿なオールインワンジェルを使用するといいでしょう。

毛穴を目立たなくさせる毛穴ケア

クレジング用のジェルで肌ケアをしながら毛穴を目立なくさせるようなものがあります。鼻の角栓を取るようなパックはあまりやりすぎるとよくありません。角栓を毛穴パックで剥がしただけでは毛穴はあまり目立たなくなりません。

また、鼻以外の顔の角栓を目立たなくさせるのには効果がありませんのでスキンケアによって毛穴を目立たなくさせることが必要です。

無印、100均のジェルはどう?

無印でもコスパの良い美白オールインワンジェルが売られています。100均でもプチプラな化粧品がたくさん売られていますが、おおよそ、1000円くらのものと4000円から8000円くらいのオールインワンジェルにはどういう違いがあるのかというと、成分の種類と配合量が異なります。

無印はブランドによるプレミア価格を取り去っているのでお買い得ですが、それでも成分と配合量で高いものと比べるとやはり求めるものと違ってくると思います。

普段遣いにはとてもいいと思います。

成分や配合量はしっかりと確認した方がいいです。

プチプラ美白ジェルで安いものが人気!

人気の美白オールインワンジェルで有名なものには、「セザンヌ 薬用美白 大人のねりジェル」や「ちふれ 美白うるおいジェル」などがあります。値段も1個1,000円以下で非常に安くてAmazonなどから買うことができます。

これらのオールインワンジェルが美白に良いのか?というと、肌が荒れたように赤くなっている人にはいいかもしれません。それは美白成分がトラネキサム酸などの抗炎症性の成分となっているからです。ハイドロキノンやアルブチン、ビタミンC誘導体ではないので注意が必要です。

高級リペア成分配合のエイジングケアジェル

お肌は年齢だけでなく、紫外線によっても劣化していきます。これを解決するのがエイジングケアやリペア成分ですが、種類はとてもたくさんあります。新しい成分も開発されています。

お肌に栄養分を与えるものから再生を促すようなものまであります。得てして値段が高くなる傾向があり、エイジングケアやしっかりとしたリペア成分が配合された高級なオールインワンジェルとなります。

市販のジェルはどれが効く?

市販とは医療機関で処方箋をもらわなくても買える医薬品、医薬部外品、化粧品のことです。ネット通販で買えるものは全て市販品ということになります。

おそらく「市販の」という言葉で探している方はドラッグストアで販売されている美白オールインワンジェルのことを探しているのだと思われます。しかし本来の意味で探している方もいるはずです。

美白オールインワンジェルは薬用です。つまり医薬品、医薬部外品です。市販で買えることから医薬部外品という扱いになっているものになります。

パッケージの一番目立つところに「医薬部外品」と表記されているはずです。

  • これがあれば必ず美白効果が高いのか?
  • 医薬部外品だから値段も高いのか?

というと、そうでもありません。非常に安いものから高いものまであります。

値段の違いは様々な理由がありますので自分が求めるもので納得のいく価格のものを選ぶのがいいと思います。

効果は成分と含有量によるところが大きいです。安い美白オールインワンジェルは安い成分しか使っていないというのは一部は正解ですが、効果が高い成分も決して高くはありません。また、効果が高いと肌が炎症を起こす人も出てきます。むしろ効果が弱くても肌が荒れないような美白オールインワンジェルの方が高価なものが多かったりします。

値段で選ぶと安いほうがいいということになりますが、美白効果を表記できるのは医薬部外品tですのでそれを「美白」をイメージするような言葉で置き換えている化粧品に惑わされないで下さい。

もちろん、美白以外にも美肌効果やオールインワンの複数の役割も魅力的ですので美白効果がないオールインワンジェルもいい化粧品です。一年中、美白効果の強いオールインワンジェルばかり使っていたら肌に悪い影響がでてきそうで不安になります。必要な時に美白、普段は美肌用のオールインワンジェルを使い分けることが理想的です。

ドラッグストアで市販されている美白オールインワンジェルはいいか?というと、医薬部外品であっても効果が穏やかで無難に作られているものが多いです。安くて効果が強いと副作用が出る心配もあるような気もします。

普段は美白効果がなくても安くて美肌によいものを使って、必要なときだけよく効きそうな美白オールインワンジェルを使うのが良いと思います。

敏感肌の方はアルコールフリー!

敏感肌の方はアルコールフリー、合成着色料フリー、合成香料フリーというように人工的に合成した化学物質を排除して、自然素材のオーガニック志向のオールインワンジェルなどを選ばないと肌トラブルが出ることが多いです。

オールインワンジェルでいいものが見当たらなければ、美容液、美容オイルなどで探すのもいいと思います。

ニキビ、脂性肌、赤ら顔の悩みについて

ニキビ、脂性肌、赤ら顔はフェイスケアの代表的な悩みで気にしている人がとても多いです。誰でも1つくらいは気になるものがあるかもしれません。

意外だと思うかもしれませんが、脂性肌やニキビに保湿が有効な手段となります。乾燥肌、敏感肌、赤みなどは保湿が良さそうとわかりますが、しっかりと保湿することで皮脂の分泌が過剰になることを抑えるようです。

肌が乾燥していると感じるとそれを守るために皮脂を分泌します。乾燥しているほど皮脂を多く出そうとしてしまうのでやはり保湿ケアをすると皮脂の過剰な分泌が抑えられ脂性肌、ニキビ肌にもいいということです。

顔に塗るので匂いが気になる場合もある!

自分が不快になる匂いがするオールインワンジェルを顔に塗って生活することはストレスでしかありません。匂いは事前にチェックして自分が苦手な匂いを把握しておくことが大事です。試しにトライアルセットを買ったり、販売ページの香りについての記述を読んで自分が苦手な匂いじゃないか確認することをおすすめします。

無香料が望ましいですが成分によっては独特の成分自体の匂いが気になることもあります。香料にアレルギーなどがなければ程よい微香くらいがいいと思います。

ジェルの種類について

上記のような美白オールインワンジェルを選んでもホクロや既にできてしまったしっかりとしたシミは美容皮膚科のレーザーなどの治療をしいと消すことは難しいと思います。

紫外線はいつでも降り注いでいます。年齢は毎日とっていきます。そう考えると少しでもメラニンの生成を抑えてくれる成分が入っていて欲しいものです。

美白ケアのオールインワンジェルは多い!

美白はメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防止するという効果ですが、これからできそうなシミを抑制するような効果が医薬品、医薬部外品にはあります。

オールインワンジェルの特徴である1つで6役を果たすというように色々な機能があるものが重宝されますので美白効果も付いていると注目されやすいためだと思います。

忙しい方のためのオールインワンジェルは日々の生活の中で美白もできるものが人気になっています。

アメリカや海外コスメの使用時に注意することは?

アメリカのオールインワンジェルに人気があるのはアイハーブの影響も大きいかもしれません。商品パッケージの見た目のデザインがおしゃれです。それだけでなんだか得したような気分になれます。

海外のアメリカのスキンケア用品もいいですが、デザインより質を重視するなら日本製がいいと思います。あと、やはり日本国内での生産管理と海外では品質が違います。日本の品質基準はものすごく高いので安心感はやはり国内品の方が高いです。

また、通常はありえないはずですが日本で使えない成分が海外のスキンケア用品に入っているのを日本で持っているとあまり良くないことになるかもしれません。

薬用(医薬部外品)でないと配合できない成分を海外から個人輸入して使うのはリスクがあるかもしれません。

アラサー、アラフォー、アラフィフになったらエイジングケアも!

保湿ケアだけでなく「ハリ・ツヤ」と書いてあるものはエイジングケアとしても使用できます。保湿とハリ・ツヤは同じ成分が効果を発揮することがありますのでいい成分を使えば保湿ケアとエイジングケアが可能です。

徐々にエイジングケア成分の割合が多いものを使用していくといいかと思います。

美顔器はエイジングケアに必要?リフトアップ、ほうれい線は?

通販でも家庭用の美顔器が売られています。比較的安く手に入ります。

超音波振動のようなマッサージを行うものです。血行が良くなって肌の再生を促すかもしれません。小顔になるというのは血流がよくなってむくみが取れたり、引き締まる事によるものだと思います。

マッサージと似たようなものですが、体全体の健康に気を配る方が代謝はよくなると思います。

コラーゲンライトでコラーゲンを補給する!?

エステにある大型の全身用のコラーゲンマシンはとても効果で数百万円しますが、家庭用のコラーゲンライトというものがあります。

これは蛍光灯のようなライトが10本くらいついたものが一番しっかりとしたもので、もっと小型の簡易的なものもあります。

顔に当てるのが主な目的となっていて卓上サイズです。値段は結構しますのでエステで試してどうしても自宅でやってみたいという方にはおすすめです。

原材料は食材も多い!

オールインワンジェルは体にいい食品と同じ材料を使用して製造されているものも多いです。そのまま食べてはいけませんがほとんどが食品となっている材料を使用しているオールインワンジェルもあります。皮膚から吸収しても食べて体に取り入れても同じことです。安全性が一番大切です。

【体験談】シミやくすみに悩む日々!

シミ・くすみに有効な対策は?

女性の肌の悩みとしてシミがありますが、私の場合は35歳を過ぎた頃から急激に悩みが深刻化していきました。10代や20代の頃に怠っていた紫外線対策のしわ寄せが来たことや、加齢に伴うコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドの不足による肌環境の悪化や、女性ホルモンのエストロゲンの減少によるホルモンバランスの乱れなどが原因であると自覚しています。

今になって10代や20代の頃から紫外線対策や美白ケアを徹底しておけば良かったと後悔していますが、もう遅いですので前向きに対策を行うしかありません。そこで、サプリと化粧品で本格的な美白ケアを開始しました。すると、確かな美白効果を実感することが出来ました。

サプリでは抗酸化作用があるビタミンCLシステインやホルモンバランスの乱れを整える働きがあるイソフラボンや加齢とともに不足するコラーゲンヒアルロン酸セラミドを摂取しました。これからも続けていきたいです。

シミやくすみの原因とは?

私はずっと自分の肌に自信を持つことができず、鏡を見ることすら憂鬱になっていた時期がありました。その原因は顔のシミやくすみでした。シミやくすみの原因というと日焼けや年齢を重ねたことをイメージする人が多いと思われますが、私の場合はニキビの跡でした。

若い頃は長い間ニキビに悩まされ、その色素沈着によってシミが目立つようになってしまったのです。人と話をしていてもその人が私の顔を汚いと思っているのではないかと感じてしまい、卑屈になっていた時もありました。

お肌の潤いがなくなっている気がする!

ふとお風呂に入っているときに、お肌の潤いがなくなっている気がしました。もう少し若い頃は風呂上がりで、肌がお湯を弾いていたのでタオルで簡単に拭くことができました。しかし水分がなくなり、肌のかさつきが気になってくると拭いた後のタオルが重く感じます。

つまり潤いがなくなってお湯を弾かなくなると、いつまでも肌に残り続けてしまうのでタオルの吸収量が多くなってしまうようです。これはなんとかしなければいけないと、これまでよりも保湿を気にする用になりました。

まず保湿クリームなどで肌の潤いを維持するのはもちろんのこと、食事も工夫をするようにしました。これまで野菜は食べていたけれども、不足しがちだったビタミンEを補うためにアボガドやナッツ類をよく食べるようにしました。それから必須脂肪酸も一緒に補える青魚も積極的に食べるようにしています。

美容液を試した!

美白の事がきになってきたので美容液を試してみたのですが、それほど効果は無かったような気がします。シミにも効果なしという感じで何が良いのかという事が実感としては分からないという感じでした。

確かに美容液をつけた瞬間は潤いのようなものを感じる事は出来ないわけではありませんが、数時間もするともう忘れたような感じになります。これが慣れてしまうからなのか、そういうモノなのかという事はよくわかりませんが、やはり美容液というものを完全に信用して使うという事は自分には向いてはいないようで、半信半疑で使って見たという事が良くないのかもしれません。長く使わないと好機を実感するレベルでは感じにくいという事があるのかもしれません。

見た目年齢は潤いが足りないということ!?

私はある時鏡を見てから、自分で思った以上に年齢を感じて、それから見た目年齢が気になるようになりました。見た目年齢の進行への手立てとして色々調べて行きついたのは、基本のスキンケアをしっかり行う事でした。

肌の加齢現象には全て潤いが足りず肌の乾燥が関わっていると知り、保湿効果の高いスキンケア商品を選ぶようになりました。化粧水も保湿効果の高いものをたっぷりと使い、その後乳液でちゃんと蓋をするようにします。

以前いい加減に化粧水を塗っていた時は肌の潤いが足りていないと感じる事もよくありましたが、きちんと保湿するようになってからは無くなりました。やはり基本のスキンケアこそ大切なのだと実感しています。

夏の日焼け対策

夏の日焼け対策は欠かすことができないのですが、それほどのことをしているわけではありません。できるだけ肌の露出を抑えたり、日焼け止めを塗ったりするだけです。

日焼け止めが塗りにくい場所は基本的に肌を露出するような部分ではありませんから、そこまで気にしているわけではありませんが、露出が多い格好をしたい時しなければならない時だけは念入りに塗っています。

それ以外にしていることは極力屋外に出ないということで、特に日中は建物の中にいるようにしてます。多少は日にあたったほうが良いのでしょうが、夏場でしたらちょっと表に出ただけでも当たりすぎになるような気がしているので、極力日に当たらないぐらいがちょうど良いのではと考えています。

日傘を持ち歩く日々。。

昔はそこまで気にしていなかったのですが、最近は日焼け対策のために日傘は欠かすことができません。最近は紫外線が強くなってきたと言いますから、それを考えると日よけになるものを持たずに外出する気にはなれませんし、日傘だけでなく手袋もして極力肌の露出は少なくなるように心がけています。

正直なところ常に日傘を持ち歩くのは煩わしくて、邪魔に思うことも少なくないのですが、僅かな手間を惜しんで肌がぼろぼろになってしまうかもしれないと思うと手放すことができません。

長時間屋外に出るわけでないのであれば、日焼け止めでも十分に効果を発揮してくれるのかもしれませんが、物理的に日光を遮ってくれる日傘の安心感は大きく常に持ち歩いています。

今年は去年を上回るような猛暑が続いています。熱中症はもちろんですが、日焼けも気になります。外出するときは、日焼け止めを塗りまくり、手袋と日傘が手放せません。

若い頃は楽しかった夏が今は憂鬱!?

今はこんな感じですが、若い頃は1年の中でも「夏が一番」「暑いの大歓迎」でした。梅雨が明けると、週末は海へ山へとアウトドアざんまいでした。平日はもちろん、週末のアウトドアのときにさえ日焼け止めもろくにぬらず走り回っていました。

もともと色黒なこともあって、日焼けもさほど気にならなかったのです。それが現在は近所に買い物に出かけただけでも、顔や腕が真っ赤になりピリピリと痛みます。なので、できるだけ日中は外出しないようにしています。暑いし痛いし汗もかくしで「夏はもう嫌!」冬が待ち遠しいです。

美白オールインワンジェルを買った!

大人の肌はエイジングが進みやすいので、若い頃とは違ったケアが必要です。
特にシミは若い頃に比べてできやすくなりましたので、美白ケアは欠かすことができません。とはいえ、美白コスメは乾燥するものもあるので、保湿効果の高いものを選ぶことが大事です。色々な化粧品を比較したところ、美白オールインワンジェルが良かったです。

色々な化粧品を購入する手間がありませんし、保湿効果も優れており、美白も同時に行うことができます。肌が潤うので気分が良く面倒な美白ケアがワンステップで行えるのも嬉しいです。オールインワンタイプなので旅行など外出の際も基礎化粧品はひとつだけ持てば良いのも便利です。

毎日ケアを続けているおかげか、シミも以前よりできにくくなりましたし少し肌が明るくなったように感じています。

大人の女性はオールインワンジェルが手放せない!

二十歳になるまでは考えもしなかったのですが、20代からは肌の手入れが必要だと感じるようになりました。

もちろん、二十歳になった途端に肌の質が変わったと感じたわけではありませんが、だんだんとしっかり手入れをしないと荒れてしまうようになり、早くも年齢による衰えというのを実感するようになったのです。

それからは肌の手入れはしっかりとしなければいけないのだなと思うようになり、今まで使った事がなかったオールインワンジェルを使う事にしました。
これ一本で肌を守る事ができていて、使い始めてからは肌の調子も良くなったので手放す事ができなくなりました。

自分の肌に合うスキンケア用品と出会うことができ、今は少しずつシミが改善されたことを実感しています。これからもスキンケアに力を入れ、自分の肌に自信を持てるようになりたいです。

おすすめのオールインワンジェルから探したい!

  • 『人気のオールインワンジェルおすすめランキング!口コミ、評判は?』を詳しく見る!

美白成分で美白ケアコスメを選びたい!

美白ケアは美白成分によって大きく違いが出てきます。効果はもちろん、肌への刺激や適した季節を知らないと意味がなかったり悪化させてしまうこともあります。日光の強い季節に強い美白成分を含んだケアをしてしまうと日焼け止めは必須となったりします。

賢く使い分けるのがおすすめです。

トライアルセットで試してから選びたい!

多くのスキンケア化粧品で7日間~30日間のトライアルセットが売られています。肌トラブルの悩みを持つ方にはお試しキットは嬉しいものです。また、少しずつ色々な種類のコスメをお得に使いたいという方にもおすすめです。旅行用のトラベルセットとして使用する方も多いようです。

更新日 September 8, 2019, 8:42 pm

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

『食美サーチ(しょくびさーち)』

スキンケアコスメとダイエットサプリを探しやすく、正しく、安心して買えるようにする情報サイトです。

本サイトには古い情報や記載ミスが含まれる場合もございます。ご購入の前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。

ガイドラインと運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.