【サプリ、美容液、ジェル、クリームどれが効果ある?】美白ケアおすすめランキング!口コミ、評判は?【シミやくすみの原因によって選ぶのがBEST!】

【サプリ、美容液、ジェル、クリームどれが効果ある?】美白ケアおすすめランキング!口コミ、評判は?【シミやくすみの原因によって選ぶのがBEST!】

医薬部外品扱いの化粧品で「薬用」と書いてあるものだけ「美白」効果を表記することができます。

美白にも種類と成分によっていくつものパターンがあってそれぞれの使用者の方の目的にあったものを選ぶことが大切です。

美白効果とは承認された効果で「メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果」と定められています。これ以外のことを表記しないように商品の説明文も書いてあります。

  1. 美白は体の内と外からケアする時代!
  2. 美白成分が10年ぶりに新しく承認!
  3. 美白サプリはメラニンを消す効果がある!
  4. 飲む日焼け止めが便利で主役に!
  5. クレンジング、洗顔も大事!
  6. お肌のピーリングもできる!
  7. 美白美容液と美白サプリをあわせて利用する!

また、薬用化粧品として顔やお肌に塗る以外にサプリとして飲む美白サプリがあります。このサプリの中には医薬品として承認されたものも多くあります。

L-システインとビタミンCを配合したこれらのサプリの効果には「シミを薄くする効果」、「メラニンを消す効果」があると表記できるようになっています。

これは知っていると薬用美白サプリを飲みながら薬用美白クリームやジェルを塗って日差しが強い時期を過ごせば良いと思います。

サプリを飲むと全身に効果が行き渡りますが、日差しによく当たりシミやくすみが目立つ顔などは美白美容液などで美白ケアする必要があるでしょう。また、顔には保湿効果も欲しいと思いますので美白ケア以外に保湿ケアも行える美容液やジェルがいいです。

また、「飲む日焼け止め」のサプリが人気となっています。

塗る日焼け止めだけだとどうしても塗れていない場所が出てしまいます。背中や腕や足の服との隙間などは忘れてしまいがちです。

そのような心配をせずに数秒で飲める日焼け止め、紫外線ケアサプリはとても便利です。時間の節約にもなりますし効果が全身に広がるので安心です。

日焼け止めが落ちてしまい塗り直す必要もありませんし、塗りにくい固いクリームを伸ばして顔に塗りつけるのはお肌を痛めそうで嫌だったという方には朗報です。

美白ケアおすすめランキング!

No.1 ホワイトショット LX

『ホワイトショット LX』

株式会社ポーラが販売する薬用美白ローションです。10年ぶりに新しく承認された美白成分「PCE-DP(ピース ディーピー)」と「エネルギー美白」という新しい美白の仕組みが話題の美白化粧品です。

日差しを浴びる時に使用できるのでおすすめです。

No.2 ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

『ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト』

株式会社オージオが販売する薬用美白オールインワンジェルです。1個で6役のオールインワンジェルです。大人気で700万個売れた「ローヤルゼリーもっちりジェル」に美白成分が配合されたしっとり美白ジェルです。

No.3 グラスキン(GLASKIN)

『グラスキン(GLASKIN)』

さくらフォレスト株式会社が販売する薬用美白オールインワンクリームです。天然素材を原料にしています。

No.4 シズカゲル

『シズカゲル』

株式会社シズカニューヨークが販売する薬用のオールインワンジェルです。アルブチンとフラバンジェノールが特徴です。1本5役のオールインワンジェルです。

No.5 白雪美白

『白雪美白 ホワイトヴェール スノーホワイトモイスチャー』

株式会社ZERO PLUSが販売する薬用のオールインワンジェルです。トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリルが特徴です。トラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリルがシミ予防と肌荒れによい効果を発揮してくれそうです。

No.6 シミウス(SIMIUS)

『シミウス(SIMIUS)』

株式会社メビウス製薬が販売する薬用のオールインワンジェルです。グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキスが美白成分です。1つで10役をこなしてくれる定番人気のオールインワンジェルです。

No.7 セシュレル

『セシュレル』

株式会社リアルネットが販売する薬用美白オールインワンジェルです。敏感肌の方にも嬉しい美白オールインワンジェルで美白サプリとセットになっています。

ジェルは植物由来成分が32種類配合されていて、有効成分はトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルとなっています。

いつでも解約できる定期コースになっています。

No.8 ブライトエイジ(BRIGHTAGE)

『ブライトエイジ(BRIGHTAGE)』

第一三共ヘルスケア株式会社が販売する薬用美白スキンケアセットです。トラネキサム酸配合の美白効果と保湿成分を配合したエイジングケア向きのスキンケアセットです。

1,400円のトライアルセットを買うことができますので気になった方は試してみるといいと思います。

他の美白ケア化粧品

  • ホワイトショット RXS
  • 薬用シミトリー
  • ホワイトショット MX
  • エクイタンス ホワイトロジー
  • LANTELNO(ランテルノ) ホワイトHQクリーム
  • b.glen(ビーグレン)
  • イデアアクト
  • ビハクシア
  • hitoyurai
  • REVECY WHITE(リベシィホワイト)
  • SKIN&LAB ビタK レッドX トナー
  • ムーンナイトミルク
  • トリニティーライン ジェルクリーム プレミアム
  • シフォニア
  • ニューピュアフコイダン
  • スノーライトEX(パック)
  • 王妃の白珠(パック)
  • うふ肌(ピーリングジェル)
  • スノード ブライダルヴェールベースクリーム(カバー)
  • 薬用キメテホワイトニングナイトクリーム(ハンドケア)
  • 薬用VCボディミスト(ボディケア)
  • イルコルポ(ボディケア)
  • WHITE RUMAN(ホワイトルマン)(シミ・ソバカスに効く第3類医薬品サプリ)
  • SIMIホワイト(シミに効く第3類医薬品サプリ)
  • キミエホワイト(シミ・ソバカスに効く第3類医薬品サプリ)
  • ホワイピュア(シミ・ソバカスに効く第3類医薬品サプリ)
  • 雪美想(美肌サプリ)
  • ミナモア(美肌サプリ)
  • ヴィーナスプラセンタEX(美肌サプリ)
  • すっぽん小町(美肌サプリ)
  • メロンの恵み(美肌サプリ)
  • マスターホワイト(美肌サプリ)
  • ステラマリア(美肌サプリ)
  • エテルノ 濃縮プラセンタ(美肌ドリンク)
  • ウルトラヴェール(紫外線対策サプリ)
  • Dr’sホワイトセラミド(紫外線対策サプリ)
  • マスターホワイト(紫外線対策サプリ)
  • インナーパラソル16200(紫外線対策サプリ)
  • NANOAGE(日焼け止めクリーム)
  • ロベクチン プレミアムUVディフェンス(日焼け止めクリーム)
  • Aile(エール)(クレンジング)
  • パパウォッシュ(洗顔、クレンジング)
  • ハレナ ホットクレンジングジェル(洗顔、クレンジング)
  • Tp200ホワイトソープ(洗顔)
  • 白雪洗顔(洗顔)
  • IYASAKA(洗顔)
  • どろあわわ(洗顔)
  • くろあわわ(洗顔)
  • シルキーリッチフォーム(洗顔)
  • マスターホワイトフェイスソープ(洗顔)

美白ケア化粧品、美白サプリの効果は?

効果の説明はとても難しいのですが法律で決められているものなので勝手に書くことはできません。そのため決まった言葉になっていたり「*」マークで注意書きが付いているものがほとんどです。

以下のような表現をよく見ると思いますが、場合によっては使えない言葉もあります。

  • メラニンの生成を抑えシミやくすみをできにくくする
  • メラニンの蓄積を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ
  • シミを薄くする
  • くすみを明るくする
  • 肌の炎症を抑える
  • 肌荒れを抑える
  • 肝斑(かんぱん)のような赤みを薄くする

美容液やクリームでは美白効果の説明が決まっていて「メラニンの生成を抑えシミやくすみをできにくくする!」と表記されています。

また、薬用美白サプリなどのようにシミを薄くするような成分が配合されているものは既にあるシミやくすみにも期待できそうです。シミを薄くする薬として医療機関で処方されるハイドロキノン配合のものでもメラニンの生成を抑えてシミやくすみをできにくくするという表記になっていると思います。

「この表現ではよくわからない!」

と思います。

実際には肌のターンオーバー次第でキレイな細胞と入れ替わるかどうかでシミやそばかすは変化するので「消える」とは言い切れないのでこのような表現になっているのではないかと思います。

医薬品の美白サプリのほうがしっかりとシミを薄くすると表記できることになっていますが、美白サプリを飲んだからといってシミやくすみが100%キレイに消えることもありません。

シミやくすみ、赤みの原因と種類

ご自分が気になっている肌のトラブルの原因を見分けて対処するとうまくいくと思います。もし、間違っている美白ケアをしても全く無駄なことをしていることになってしまいます。

  • シミ
  • くすみ
  • ほくろ:美白化粧品で消すことはできません。
  • 肝斑(かんぱん)など
  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • ニキビや傷の跡
  • アレルギー症状

「ほくろ」が気になる方は多いのですがこれをどうにかするにはクリニックでレーザーなど当てて処置する以外に取ることは難しいです。

「シミ」はメラニンが多いですが、「くすみ」は肌が乾燥して暗く見える状態のことも含んでいますので保湿やハリを出すケアでも対処できると思います。

「肌荒れ」は意外と多くの方が抱えている悩みで、だいたいの美白ケア化粧品にも炎症を抑える成分が入っていますので効果を感じやすいものです。

「ニキビ」も肌荒れと同様に対処しやすいものですが、若い時の強いニキビには専用の薬を使用したほうがいいと思います。

「アレルギー症状」は薬の成分や原材料によるものでご自分がわかっているものやまだ気がついていないものもあります。また、保管中に成分が変化してしまって炎症を起こさせている場合もあるようです。保管は決められた場所、方法、期間で守るようにした方がいいと思います。

美白ケア成分として配合されているもの

「デクスパンテノールW」という成分が美白成分として10年ぶりに承認されましたがそれまでは新しい成分がなかなか増えてませんでした。美白化粧品において「白斑」というトラブルが発生したことで慎重になったことが理由だと言われています。

  • ハイドロキノン:メラニンを薄くする
  • アルブチン:メラニンの生成を抑える
  • ビタミンC誘導体:メラニンの生成を抑える、肌荒れ防止
  • トラネキサム酸:肝斑、毛細血管を丈夫にする。
  • プラセンタエキス:ターンオーバーの正常化
  • デクスパンテノールW:メラニンの生成を抑える、肌の修復
  • ルシノール:メラニンの生成を抑える
  • グリチルリチン酸ジカリウム:炎症を抑える
  • フラバンジェノール:メラニンの生成を抑える
  • L-システイン(サプリ):メラニンの生成を抑える、減らす
  • ビタミンC(サプリ):メラニンの生成を抑える

*上記の効果は一般的な表現で医薬品の効果効能を示すものではありません。また、上記の成分がすべて美白成分として承認されていることを示すものではありません。

美白ケア化粧品、美白サプリによって使われる成分は違います。サプリの成分は昔からよく利用されてきたL-システインとビタミンCというおなじみのものです。補助的に飲んでもいいかと思います。

やはり新しい成分には注目が集まります。

どれだけ効果があるか試してみたいという方が多いようです。

デクスパンテノールWという成分自体は肌を修復したりする効果もありますので美白と美肌という2つを両立できる期待の成分です。

美白ケア効果が期待できるアイテム

使いやすさによって好みで選ぶのが一番いいと思います。美容液はクリームよりも塗りやすいです。持ち運びにはクリームのほうが便利です。

ジェルはクリームよりも柔らかくて塗りやすく持ち運びやすいです。オールインワンなので1つで何役もこなせるので外出先での使用に便利です。

また、成分がじっくりと長時間効くのはクリームやジェルの方がよく、美容液はすばやく浸透するといった特徴があります。目的の美白と保湿に向くものを選んでみてください。

日焼け止めサプリは便利で使い勝手がとてもいいです。

洗顔やクレンジングも大事なケアです。毛穴に汚れが残るとトラブルの原因になります。「ピーリング」ができる美白ケア用品もあります。

美白ケアの口コミ、評判は?

美白ケアについてどのようなことを気にしている人が多いのか調べました。

  • 美白ケアとは
  • 美白ケア 韓国
  • 美白ケア ボディ
  • 美白ケア いつから
  • 美白ケア シミ
  • 美白ケア 市販
  • 美白ケア 必要性
  • 美白ケア パック
  • 美白ケア 口コミ
  • 美白ケア おすすめ
  • 美白ケア 化粧水
  • 美白ケア 日焼け止め
  • 美白ケア ファンデーション
  • 美白ケア メンズ
  • 美白ケア ドラッグストア
  • 美白ケア 乾燥
  • 美白ケア ニベア
  • 美白ケア コンシーラー
  • 美白ケア 3月
  • 美白ケア 簡単
  • 美白ケア アットコスメ
  • 美白ケア 朝
  • 美白ケア アイテム
  • 美白ケア アクアレーベル
  • 美白ケア アイクリーム
  • 美白ケア アトピー
  • 美白ケア 美容液
  • 美白ケア 敏感肌
  • 美白ケア 美容液 ランキング
  • 美白ケア ボディ ランキング
  • 美白ケア ブランド
  • 美白ケア ビタミンc
  • 美白ケア ボディソープ
  • 美白ケア ビフォーアフター
  • 美白ケア ビタミン
  • 美白ケア おすすめ 美容液
  • 日焼け後 美白ケア ボディ
  • ボディー 美白ケア
  • 美容家 美白ケア

「口コミ」を気にしている人が多いのはたとえ薬用と書いてある効果が検証された医薬部外品でも、成分によってはシミやくすみが消えるとは限らないため口コミを調べる方が多いのだと思います。どのような効果があったかというのはやはり一度は調べたほうがいいと思います。

また、強い美白成分が入っていると表記されているものでも全然効果がないという商品もあります。そういったものは口コミに書いてありますので買う前にはチェックが必要です。でもどれくらいの期間で効果が実感できるかということもあり長期間使用してみないとわからないので買ってすぐのレビュー、口コミはあまりあてになりません。

肌のターンオーバーの期間を考えて効果がでてきたかな?と見てみるといいかもしれません。シミやくすみの色は周りの明るさによって、肌の日焼け具合によって大きく変わります。

比較するためにシミやくすみの一部にだけ塗って実験されているかたもいます。

「ビタミンc」はビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑えシミをできにくくする効果があります。また、ニキビ予防にも効果的であると言われているので万能タイプの成分です。レモンに入っている普通のビタミンCよりも肌に浸透しやすい形に変化させた物質です。

「ボディ」はデコルテ、腕、足と日に当たる場所はすべてのケアを行う方法を気にしている方が多いようです。顔だけでも薬用美白化粧品は高いのに全身に塗るとなると経済的に厳しくなりそうです。

費用や塗る手間も考えてケアできるようなサプリを飲む方が多いようです。効果は穏やかだったり、チョコラBBのように「肌あれ、にきび、口内炎の緩和と、疲れた時に効果的なビタミン剤」というようなものが多いですが、紫外線にあたる時間が圧倒的に短いのであまり本格的なケアが必要とは限らないようです。

若い頃に海で日焼けしていた背中やお腹よりも顔のほうが圧倒的にシミが多いことからも分かると思います。デコルテは日光に当たりやすく、シミができやすいです。

「日焼け止め」は塗るだけではなく、飲むサプリで日焼けを防げるというものが登場してだいぶ楽になりました。しかし、紫外線を完全にガードする日焼け止めとは違うので皮膚に紫外線が当たってダメージを受けることに変わりはありません。

成分も珍しいものですのでサプリに頼りすぎずに日焼け止めも使用した方がいいかもしれません。

美白ケアとは?

美白ケアとはメラニンの生成を抑えて新しくシミやくすみが発生するのを抑えるケアを指していることが多いです。この効果はすでにできてしまったシミやくすみには効きません。

他にも炎症性の赤いシミを抑える美白ケア成分がありますのでそのようなシミやくすみは薄くすることができることがあります。

また、すでにできてしまったシミやくすみを薄く漂白するような効果の成分の美白ケア化粧品も販売されています。こうような製品は効果が強いため刺激もあり逆に肌を痛めてしまうこともありますので使用方法には注意が必要です。

ほくろは消せません。

短期間でシミやくすみを効果的に除去したい場合は美容皮膚科などの医療機関に行くことが最も近道です。費用はそれなりにかかります。また、シミやくすみは除去しても再生されたり他の場所に再発するものなので短期的なケアは一時的なものだといえるかもしれません。

美白ケアは美容液タイプが多い!

薬用の美白ケア化粧品は美容液タイプになっているものが多いです。オールインワンジェルやクリームなどもありますが、美容液の方が浸透しやすそうなイメージががるからです。

長時間保湿したいという場合はジェルタイプが効果的ですが、固まっているため塗った成分が全て皮膚の表面ではなく少し奥まで浸透するようなタイプがいいのかもしれません。

また、美白成分がすぐに変化してしまう不安定な物質の場合は容器がプラスチックで蓋が大きいジェルタイプやチューブに入ったクリームタイプよりも小瓶に入った美容液タイプの方が密閉されていて変化を起こしにくいといえます。

敏感肌には無添加で優しい成分のケア用品を!

保存料、着色料など刺激を与えそうな物質が無添加で肌に優しい成分だけが配合された美白ケア用品が販売されています。

「敏感肌」という言葉が商品ページのどこかに表記されていますので見つけやすいと思います。

また、肌荒れに効く、抗炎症作用のある成分が含まれているものを選ぶといいかと思います。ハイドロキノンは刺激が強いので敏感肌の方は避けたほうがいいです。

美白ケアはいつから始めるべきか?

美白ケアということに限らず紫外線を浴び過ぎたりしないように保護することは子供の頃から必要です。また、太陽光が強い海外の国では目を守るために子供がサングラスをかけていることもあります。これは色素が薄い方が多い国ならではのことですが、やはり紫外線対策は子供のころから始めるといいかと思います。

また、ニキビや肌荒れなどが起きにくくすることもシミやくすみの原因を作らないという意味でとても大切です。

ニキビや肌荒れは10代から気になってくるところですので美白ケアは子供の頃から始めるのがいいといえるかもしれません。

美白ケアに関するニュース

更新日 June 26, 2019, 11:56 pm

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

Share
Published by
food-beautiful
Tags: dhc 美白ケアdior 美白ケアエイジングケア 美白ケアエトヴォス 美白ケアダヒョン 美白ケアデコルテ 美白ケアデリケートゾーン 美白ケアデリケートゾーン 美白ケア おすすめボディー 美白ケア川口 美白ケア エステ日焼け後 美白ケア ボディ美容クリニック 美白ケア美容家 美白ケア美白ケア美白ケア 3月美白ケア いつから美白ケア おすすめ美白ケア おすすめ オールインワンジェル美白ケア おすすめ クリーム美白ケア おすすめ クレンジング美白ケア おすすめ サプリ美白ケア おすすめ ピーリング美白ケア おすすめ 化粧水美白ケア おすすめ 日焼け美白ケア おすすめ 洗顔美白ケア おすすめ 石鹸美白ケア おすすめ 美容液美白ケア アイクリーム美白ケア アイテム美白ケア アクアレーベル美白ケア アットコスメ美白ケア アトピー美白ケア エステ美白ケア エステ 大阪美白ケア オールインワンジェル ランキング美白ケア クリーム ランキング美白ケア クレンジング ランキング美白ケア コンシーラー美白ケア サプリ ランキング美白ケア シミ美白ケア デパコス美白ケア ドラッグストア美白ケア ドリンク美白ケア ニベア美白ケア パック美白ケア ビタミン美白ケア ビタミンc美白ケア ビフォーアフター美白ケア ファンデーション美白ケア ブランド美白ケア ボディ美白ケア ボディ ランキング美白ケア ボディソープ美白ケア メンズ美白ケア 一番美白ケア 一番効果がある美白ケア 中学生美白ケア 乾燥美白ケア 効果なし美白ケア 化粧水美白ケア 化粧水 ランキング美白ケア 口コミ美白ケア 学生美白ケア 市販美白ケア 必要性美白ケア 敏感肌美白ケア 日焼け止め美白ケア 最強美白ケア 朝美白ケア 洗顔 ランキング美白ケア 男性美白ケア 簡単美白ケア 美容液美白ケア 美容液 ランキング美白ケア 芸能人美白ケア 選び方美白ケア 韓国美白ケア 顔美白ケア 効果あり美白ケアおすすめ美白ケアとは美白ケアランキング美白ケア化粧品美白ケア化粧品おすすめ美白ケア化粧品ランキング

『食美サーチ(しょくびさーち)』

本サイトには古い情報や記載ミスが含まれる場合もございます。ご購入の前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。また、本サイトで表示しているインスタグラムの#ハッシュタグは閲覧時に自動的に取得しいるもので数時間ごとに更新しています。掲載が好ましくない場合は#タグを削除するか、URLとインスタのIDをこちらに連絡してください。

ガイドラインと運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.