<日本の飲食店は世界一おすすめ!>『日本の痩せ菌やビフィズス菌に注目したサプリは世界最高レベル!』

<日本の飲食店は世界一おすすめ!>『日本の痩せ菌やビフィズス菌に注目したサプリは世界最高レベル!』

海外の方を見るとふっくら体型の人がかなり多いと感じると思います。

とくにアメリカでは肥満は大問題で政府が国民の健康を心配している程です。(政府が心配しているのは医療費の方です。)

日本でダイエットサプリを飲んでダイエットしなきゃって思っている人はアメリカに行ったら考えが変わってしまうかもしれません。普通の体型の人でも日本の男性くらいのたくましさがあります。

そんなアメリカのNo.1リゾート地ハワイでの様子です。

自然環境は間違いなく世界最高レベルだと思います。これは生きてる間に見ないと勿体無いくらいです。

日本と同じ溶岩で出来た島なので似ていますが、杉山のような山がなく背の低い植物が沢山生えている感じで、岩山がむき出しです。

日本なら苔が生えてしまいそうですがハワイではほとんど生えていません。

また、磯では海藻なども一切なく磯臭さも全くありません。

そして何よりもいいのは最高気温が日本より低く、最低気温が一年を通して日本よりも高く温かいことです。

と、ここまでがハワイのいいところでした。

ハワイでは全ての食材が高い!

島だから輸送コストがかかるので高いと言われていますが、現地で生産されたものでもかなり高いと感じます。

もうこれは感覚的に日本で買える価格の2倍から3倍はするというイメージです。

甘いトッピング入りの生のフルーツジュース1杯飲むのに700円から1000円くらいかかるのが普通です。

上の写真はオーガニックにこだわった高級スーパーですが、魚は調理済みのみでスモークされて調理されています。これも高いと感じてしまいます。

マスの燻製が1匹1400円くらいというのが驚きです。

それよりも驚くのは魚の鮮度など全く気にしていなさそうなことです。

味付けも基本的に同じ味付けです。

そして、山積みのライムが象徴しているように全て酸っぱくして誤魔化しちゃえというのが見えてきます。

日本の河原でキャンプをして自分で魚を釣ってスモークして食べたほうが何倍も美味しいと言えます。

飲食店に行っても同じような感じです。

とにかく量は多いです。1人前が日本の3人前くらいのものもありましたが、多いのですが大雑把な味付けで素材の味や食感を生かすということはほとんどありません。

そういうこともあって、日本から人気の飲食店がハワイに沢山進出しています。

たとえば、丸亀製麺はどこにでもあるリーズナブルうどん屋さんですが、高級レストランのようになっていて行列を作っていました。

とにかく日本で普通に美味しいお店がハワイに行けば大人気店になってしまいます。

もちろん、他の国から進出してきた飲食店もありますがやはり日本のお店が一番クオリティーが高いと言えます。

しかし、日本食を日本の会社ではなく現地の会社が提供している飲食店ではやはり大雑把な味になってしまいます。

おにぎりが人気になっていますが、本当に日本で売ったら苦情がくるくらいの品物と言える程です。

それでも、それが当たり前で普通なのです。

日本の常識が他国で通用することはありません。

飲食代が高いのにふっくら体型の人がとても多い!

日本で最も高度な肥満肥満と言われるくらいのふっくら体型の方が数割くらい居るのではないかというくらい居ます。

これは別に悪いことがなく良いとされているなら「文化の違い」としていいことだと思います。しかし、現実には健康に問題を生じてしまうことがあります。

また、膝を痛めてしまい杖を使用している人が多く見かけられました。

しかし、美容に対する意識は高いようで若いうちは細身の長身でとても美しいという印象です。おそらく中年以降に一気に加速して肥満になってせいまうのだと思います。

ダイエットサプリ・ダイエットのテクニックはアメリカよりも日本の方が高い!

先進的なダイエットの技術はアメリカの研究機関で発見されることが多いですが、一般人にどれだけダイエットに対する意識があるかといえば、日本のダイエットの意識の高さには到底及びません。

ダイエットに対する考えも薄く日本食を食べてさえいれば痩せるだろうということで日本食が人気になっているくらいです。

サプリ大国のアメリカでも、ダイエットサプリなどは特別にスーパーで売られている感じではありませんでした。ビタミン剤などが主流です。

腸内細菌、痩せ菌、ビフィズス菌のことなども「?」という感じではないでしょうか?日本のように腸内細菌に着目したダイエットサプリなどはあまり無さそうな気がします。

ヨーグルトは多く売られていますが、日本のようにビフィズス菌の名前まで明記しているようなヨーグルトは一切おいてありません。

ほとんどが人工的に固められて甘い味付けがされたヨーグルトばかりです。

そして日本の二倍くらいの値段です。

腸内細菌のことは日本の方が何倍もよく考えているという感じでした。

ハワイのスイーツとフルーツはさすがに凄い!

やはり、パンケーキ(ホットケーキ)やフルーツのスムージーは日本のレベルを遥かに超えています。

日本のおしゃれなカフェでしか食べられないようなレベルのものがどこでも食べられます。

フルーツは現地で生産されているものがとても美味しく、日本でもおなじみのパイナップル、マンゴー、パパイヤが完熟した状態で食べれますので日本とは違う美味しさのものばかりです。

パンケーキは発祥の地だけあってとてもレベルが高いです。これは日本ではなかなか食べられないです。

日本でも、ぐるなびなどで人気のパンケーキを探せば似たようなものが食べられるかもしれませんが、数は少なくかなりの人気店になっています。

こういう美味しいお店に並ぶこと無くさっと入れるくらいありふれていました。

やはりいいですね。

これこそがハワイの食と言えるのかもしれません。

食材も日本のものが注目されている!

ここに並んでいるものは全てイモの仲間ですが日本で買うことができるものばかりです。

サツマイモがヘルシーだということで人気のようです。何がヘルシーなのかはよく分かりません。おそらくクリームたっぷりのスイーツよりはヘルシーだということなのでしょう。

他にも珍しい野菜が並んでいましたが半分以上が日本の野菜だったりします。日系人の方が多いということもありますが、日本の品種のたねを輸入してハワイで栽培しているのだと思います。

日本の白菜が高級野菜として並んでいるのです。

日本ではどうみても売れないくらい小さいサイズの白菜なのですが大人気です。

アメリカのダイエットでは「痩せ菌」を増やすより絶食!?

アメリカでは自宅で運動できる不思議な棒が付いた歩くマシーンなどがたくさん売られていますが、「こういう食生活をしている間は何をやっても無理」という気がしました。

いくら痩せ菌を増やすサプリを飲んでいても、いつもどおりの食生活をしていたら痩せるどころか若いうちに成人病になってしまいそうです。

そんなこともあって「クレンズダイエット」のような絶食型のダイエットが有名になっているのかもしれません。

日本とアメリカの場合ではダイエットの目的が違います。

日本は美容のため、アメリカは健康のためのダイエットが求められているような気がします。

更新日 November 11, 2018, 6:21 am

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

『Syoku Beauty』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.