*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

スキンケアの成分 美白成分

ハイドロキノンとは?【皮膚の漂白に利用されるほど強力!扱いは慎重に医薬品、医薬部外品で2%まで!】

投稿日:2019年4月25日 更新日:

 

ハイドロキノンとは?【皮膚の漂白に利用されるほど強力!扱いは慎重に医薬品、医薬部外品で2%まで!】

ヒドロキノン (hydroquinone)という物質で美容ではハイドロキノンと呼ばれる方が一般的です。

 

美容分野でのヒドロキノン(ハイドロキノン)

医薬部外品としてのヒドロキノン(皮膚薬の場合はハイドロキノンと呼ばれることのほうが多い)は、その強力な漂白作用を利用したもので、美白剤として皮膚科などで処方されるほか、薬局などでヒドロキノン配合の軟膏・クリーム等が市販されている。市販のヒドロキノン剤は通常2%~4%程度の濃度のものが多い。アメリカ食品医薬品局(FDA)では2%以上の濃度は医師の監督下により処方されている。

ビタミンAの1種であるトレチノインと併用することで、皮膚の漂白効果がより高まるとされ、クリーム製剤が市販されている。

東京工業大学と新潟薬科大学の研究グループによりヒドロキノンとセタルコニウムクロリド(benzylcetyldimethylammonium chloride、BCDAC)などの界面活性剤との結晶性分子錯体が開発され、その錯体中でヒドロキノンの安定性が向上しかつ徐放性を持たせられた[1]。酸化・変質しにくい性質を利用して「新型ハイドロキノン」「安定型ハイドロキノン」などの名称で化粧品などに配合されている。

Wikipediaより)

 

美白成分が表記された医薬品、医薬部外品に配合されることがあります。効果としてはとても強力で配合する濃度をしっかりと管理した製品のみを使うことをおすすめします。

海外から買った美白用のハイドロキノン配合のクリームで、皮膚が赤くただれて水疱ができるような副作用が出ているものもあります。

日本ではしっかりと管理された医薬品、医薬部外品に入っているハイドロキノンを利用したほうがいいです。

また、刺激は強めで肌が弱い方は使う前に試したり、気をつけて使うようにしたほうが良いとも言われています。

効果は強力ですが、リスクも報告されていますので使用は最小限で済むように使うのがいいと思います。

過去に美白化粧品で白斑が起きた物質はロドデノールというもので、ハイドロキノンではありません。