モカ シダモ

 

モカ シダモのおすすめランキング、評価

  *投票にご協力をお願いします。


モカ シダモを価格の安い通販店舗で購入する!(楽天市場、Amazon)


楽天市場でモカ シダモ コーヒー豆を検索した結果。

スペシャルティ コーヒー豆 モカ・シダモ(エチオピア) 1k・・・
価格:7000 円

【メール便 送料込】コーヒー豆 エチオピア モカ シダモ ナ・・・
価格:1270 円

10周年で【おまけ付き】送料無料 粗挽き コーヒー 粉 20・・・
価格:1500 円

モカシダモG4(生豆時400g)
価格:680 円

10周年【おまけ付】送料無料 コーヒー豆 200g 20杯〜・・・
価格:1500 円

自家焙煎コーヒー豆ストレートコーヒー【エチオピア モカ シダ・・・
価格:472 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示している検索結果は、モカ シダモの結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains the others except Coffee bean - Mocha Sidamo !


モカ シダモのコーヒープレス、エスプレッソマシンを価格の安い通販店舗で購入する!(楽天市場、Amazon)



Amazon.co.jpでコーヒープレスを検索した結果。


楽天市場でエスプレッソマシンを検索した結果。

【送料無料】 デロンギ エスプレッソマシン EC152J[E・・・
価格:8326 円

デロンギ エスプレッソマシン EC152J (ブラックXシル・・・
価格:8326 円

取寄品/日付指定不可 送料無料 デロンギ マグニフィカ 家庭・・・
価格:53780 円

【即納】【最大1500円OFFクーポン配布中!〜11/22(・・・
価格:22390 円

【送料無料】デロンギ EC152J エスプレッソ・カプチーノ・・・
価格:8326 円

【送料無料】 TOFFY ホームエスプレッソマシン K-CM・・・
価格:8640 円
Supported by 楽天ウェブサービス


モカ シダモの原材料、成分、料理レシピ、使い方、飲み方、味、公式な産地、歴史、カロリー


伝統食材名モカ シダモ
英語名Coffee bean - Mocha Sidamo
有名な産地エチオピア
伝統食材の説明 エチオピアのシダモ地区で栽培されている原種のコーヒーです。 モカ港から出荷されていたことからモカと呼ばれています。
原材料コーヒー豆
歴史、由来
味、香り、食感の特徴
よく使われる料理、よく合う料理ホットコーヒー、アイスコーヒー、ブレンドコーヒー、他
有名な商品名など
値段、希少性、入手性
カロリー、栄養素kcal(100g当たり)、
備考、メモ エチオピアのシダモ、モカシダモ、 ホットで飲むと苦味とコクが無く、物足りない感じがします。人により違いますが、際立つほどの酸味はなく、香りは なぜか、他のコーヒーとは違い、モカの臭いだとすぐ分かるくらいです。ブレンドでもモカの臭いは強烈です。なんでしょうか。これは。

ナチュラル製法でなく、水洗式であっても、あのモカの臭いがします。これだけは他のコーヒー豆じゃ真似できません。全てはエチオピアの原種から出来たティピカが元になっている世界の豆とは異なるわけで、同じ臭いがするものが無いような気がします。

エチオピアのシダモについては、いや、ハラー、イエメンのマタリであっても、これらはティピカとは違うんじゃないかと植物マニアの勘がそう感じさせるものがあります。明らかに別系統じゃないかと思ったりもします。

ブルボンがティピカからできたというのも、若干、違い過ぎる特徴からして本当かなという気もしているくらいですが、 フナから金魚が作れるくらいですから、ありえなくはないです。

エチオピア以外にコーヒーの原種が古くからある場所はないのでしょうか? そして、中南米へティピカを伝えたルートはどういうルートだったのでしょうか。気になるところです。

このモカというシリーズというか、伝説の豆たちは、他とは異なる独自の豆だと言える不思議な味をもった豆だと思います。まず、ホットではブレンドを入れて足りない苦味を足したくなりますので、よく、ブレンドされ、ジャワロブを入れて、モカジャバなんていうものが作られているくらいでせす。

でも、マタリは高価でストレートで飲み、酸味が強いということで完結することもあるようですが、モカ・シダモは違います。明らかに紅茶、シトラスフレーバーが後味に来るが、飲みくち自体は非常にさっぱりしているものなのです。香りはもちろん、強力です。しかし、甘味、苦味、コクは無い?という感じがします。

これで終われば、モカなんて、モカブレンドにしかならない、酸っぱいだけのブランド主義かっておもいますが、これがびっくりしたのが、アイスコーヒーにした時でした。ホットで通常通りの濃度で入れてそれをある程度冷却してから、氷で冷やして入れて飲みます。

これはホットを氷で薄めたわけで、味が薄くなったり、入れるときも気を使って、湯を注ぐ時には細くながくをもっとうにして雑みのないものを出さないと、苦味が残るアイスコーヒーになってしまうので気を使う所なのですが、じゃばっと、急速沸騰ポットでそのまま、蒸らしだけ行いあとは、ドボドボ、雑な入れ方をして、コーヒーの山も泉になってしまってもう、これじゃ、コーヒープレスだかカップだか分からないくらいにバッと入れるのですが、これで入れたコーヒーをアイスにした時に、最高のパフォーマンスを発揮しました。

なぜなんでしょう?薄くも感じない。10gで150ccというホットでも薄めの出し方で抽出しているのに、それをアイスにして氷で薄まっているのに、ものすごく味を感じます。 香りで楽しみ、味もコクが出てきて、酸味は無く、後味は爽やかな切れのある感じで、紅茶の味はありません。そして、飲んでいるときはスパイシーさを若干感じるくらいです。

アイスなのにこれだけ楽しめるコーヒーも珍しいものです。 これは美味いです。この旨さが、やばい。PCで作業をしながら飲むじゃなくて、手を止めて落ち着いて飲みたいと心底思える味でした。 じっくりと味わってそれに応える味を持ち合わせているというのでしょう。このコーヒーを飲んでいるときは、なんにもしたくない感じです。これはアイスの定番入り確定です。しかし、G2グレードでしたが、G4グレードにすると半額で買えるというちょっと、不思議な値段設定でG4で十分ならいいんですが、でも、G2でも1杯20円いかないんで10円弱をケチって今一つになるのは勿体無い感じがします。 そうです。許容範囲の値段なのでいいものでいきたいです。せっかく飲み比べたいのに、いいものに当ってしまうと、他のに行けないというジレンマに陥ります。 ただ、他はそれほど美味しくないって分かるくらい、いい品種を選んで飲むと、だいたい、5種くらいだと思います。それ以上の分類は、グレードがいいか悪いかという違いがある程度だと思います。

だから特徴的な5種を飲めば、あとあと悩むことは少ないといえるでしょう。その中でホッとかアイスかでいいものがあるでしょう。やっぱりブレンドしなくてもいい味ってのがいい豆なんだと思います。品評会なんかでもブレンドせずに飲むわけですので、いいわけです。ただ、農園内ですでに、複数の木がある場合は、自動的にブレンドされているわけですので、それが品評会でいい結果を出すのかもしれません。

*本データは掲載時に調べた一部の情報であり、記載ミス、古い情報などもあります。商品名は表示されている名称であり、記載社名は調査時の販売・製造・生産者名になります。



モカ シダモのレシピ、食べ方、使い方、作り方!

  (http://www.youtube.com/より)





モカ シダモの味、口コミ、評判、感想、効果、レビュー