*気になったページは「ホーム画面に追加」がおすすめです*

シズカゲル スキンケアの成分 美白成分

アルブチン (arbutin)とは?【コケモモや梨、ウワウルシに含まれるメラニンの生成を阻害する成分】

投稿日:2019年4月25日 更新日:

 

アルブチン (arbutin)とは?【コケモモや梨、ウワウルシに含まれるメラニンの生成を阻害する成分】

アルブチン (arbutin)も医薬部外品などの美白を表記した化粧品に使用されていることが多い成分です。

アルブチンはコケモモ、梨、ウワウルシなどの身近な植物に含まれている天然型フェノール性配糖体という物質です。

これがヒドロベンゾキノンとなってメラニンの合成を阻害するため美白効果があるとして配合されています。

 

アルブチン (arbutin) はコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体である。シキミ酸経路から合成され、加水分解によりヒドロベンゾキノンとなる。

メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとして、化粧品などに使用されている。

β型とα型がある。一般に使用されているのはβ-アルブチンである。

また、利尿作用と尿路殺菌作用があり、尿路消毒薬とされる。

Wikipediaより)

 

美白には様々な成分が利用されますが、アルブチンは効果と使いやすさの兼ね合いで中間的な位置にあるといえるような物質です。