アルブチン (arbutin)とは?【コケモモや梨、ウワウルシに含まれるメラニンの生成を阻害する成分】

アルブチン (arbutin)とは?【コケモモや梨、ウワウルシに含まれるメラニンの生成を阻害する成分】

アルブチン (arbutin)も医薬部外品などの美白を表記した化粧品に使用されていることが多い成分です。

アルブチンはコケモモ、梨、ウワウルシなどの身近な植物に含まれている天然型フェノール性配糖体という物質です。

これがヒドロベンゾキノンとなってメラニンの合成を阻害するため美白効果があるとして配合されています。

アルブチン (arbutin) はコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体である。シキミ酸経路から合成され、加水分解によりヒドロベンゾキノンとなる。

メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとして、化粧品などに使用されている。

β型とα型がある。一般に使用されているのはβ-アルブチンである。

また、利尿作用と尿路殺菌作用があり、尿路消毒薬とされる。

Wikipediaより)

美白には様々な成分が利用されますが、アルブチンは効果と使いやすさの兼ね合いで中間的な位置にあるといえるような物質です。

更新日 June 25, 2019, 11:09 pm

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

Share
Published by
food-beautiful

『食美サーチ(しょくびさーち)』

本サイトには古い情報や記載ミスが含まれる場合もございます。ご購入の前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。また、本サイトで表示しているインスタグラムの#ハッシュタグは閲覧時に自動的に取得しいるもので数時間ごとに更新しています。掲載が好ましくない場合は#タグを削除するか、URLとインスタのIDをこちらに連絡してください。

ガイドラインと運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.