『美肌サプリやダイエットサプリ、美容クリームの原材料や成分は食品が多い!』

『美肌サプリやダイエットサプリ、美容クリームの原材料や成分は食品が多い!』

美肌のためのサプリやオールインワンゲル、ダイエットサプリなどは成分を見るとほとんどが見たことがある食材からできていたりします。

それを見ると安心して使用できるのですが、基本的に食べたり飲んだり、肌に塗ったりするものは体に摂り込む成分のため食品と同じ基準で考えるのが適切だと考えられています。

食べたらいけないものをサプリにしたり肌に塗ったりしたらやはり害がありますのでおすすめできません。

原材料に食品が多く含まれるのはそのような理由があるのかもしれません。

もちろん、日本で生産されたものは規制で品質が保たれるようになっているものがほとんどです。

発酵食品の麹菌や酵母を活用する

世界中で発酵食品が昔から存在していますが、保存するためや味を良くするために発酵させることがあります。その時に活躍する菌が麹菌と呼ばれています。

種類は非常に沢山あります。

日本はじめっとしていて発酵する麹菌にとっては良い環境ですので非常に多くの発酵食品が古くから伝わっていて伝統食材として全国各地に伝わっています。

中でも味噌や醤油が一番身近です。また日本酒や焼酎などのお酒も発酵のちからを利用しています。

野菜に含まれる生酵素を活用する!

野菜は根菜、果菜、葉物野菜というように種類によって体を温めたり冷やしたりすることが知られていますが、非常に多くの成分が野菜1つ1つごとに異なっています。

有名なものとしては酵素という成分が多く含まれていますが、これも野菜の種類が違えば別の働きをするものが多く含まれていたりしますので、サプリにしたときも1種類の野菜の酵素だけでなく数十種類から数百種類の野菜の酵素が含まれているサプリがよく売られています。

「野菜は多くの種類を食べないと駄目」と言われていますが、成分が異なりますのでどれか1つだけの野菜を食べているよりは種類を増やしたほうがいいということからそう言われています。しかし、現実的ではありませんのでサプリの力を借りることも1つの手段です。

コーヒーの成分を活用する!

コーヒーにはお馴染みのカフェインという成分が多く入っていますがそれ以外にも数百種類の成分が含まれているという未知の可能性を秘めた食材です。

カフェインの量も品種によって全く異なります。その有用性は世界的に研究されているくらいです。

お麩のような穀物から抽出した成分を活用する!

お麩は小麦からグルテンというタンパク質の成分を抽出して練り固めて蒸したり茹でたり焼いたりしたものです。

非常に優れた食材で無味で調味料の味を吸収して全ての料理にマッチするというスーパ食材です。それでいてカロリーがほとんどありません。肉の代わりにお麩を食べて健康になるというダエイットが昔からあるくらいです。

更新日 March 30, 2019, 11:21 pm

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

Share
Published by
food-beautiful

『食美サーチ』

本サイトの情報には記載ミスの情報も含まれる場合があります。ご購入の前には公式サイトの「特定商取引法に基づく表記」を確認してください。また、本サイトで表示しているインスタグラムの#ハッシュタグは閲覧時に自動的に取得しいるもので数時間ごとに更新しています。掲載が好ましくない場合は#タグを削除するか、URLとインスタのIDをこちらに連絡してください。

運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.