『市販の痩せ菌増やすサプリはおすすめか?』<腸内細菌を理解>

『市販の痩せ菌増やすサプリはおすすめか?』<腸内細菌を理解>

腸内細菌についてより詳しく調べてみます。

ダイエットは腸内細菌を理解せずにはできなさそうです。

そのため、痩せ菌を増やす可能性のあるダイエットサプリのようにたくさんのサプリがあります。

腸内細菌の餌は食物繊維?

食物繊維といっても色々あるようで、野菜の繊維質の糸のような繊維のものから、水に溶けているようなものまで、人が消化できないもの全てを含めて食物繊維と呼んでいるそうです。

だからファイバードリンクといってどこにも繊維のかけらも見えないのに食物繊維がいっぱい入っているというジュースがあったのでした。あれはほんとうに不思議でした。キャベツ何個分の食物繊維が入っている!

どこにも一本も繊維が見えませんでした。

また、キャベツの葉や芯に入っている糸みたいなものが繊維なのでしょうか?あれもおそらく食物繊維なのだと思います。

人間は胃酸や消化酵素によって食べ物を分解して吸収できる形に変化させます。これができないものが食物繊維と言われていて、これを腸内細菌が分解して栄養として吸収できる形にしてくれるそうです。

腸内細菌は食物繊維は分解するときにメタンなどのガスを生成するそうでこれが「おなら」となっているようです。

このようなわけで、食物繊維を食べたら「痩せ菌」や善玉菌が増えるか?といえば全ての腸内細菌が増えてしまう可能性があるのではないでしょうか?

しかし、オリゴ糖は善玉菌の餌にはなるけれど悪玉菌の餌にはならないそうです。このためオリゴ糖が入っているサプリもあるでしょう。ならばスイーツを食べていれば健康に慣れるような気もしてきましたね。

たしかにフルーツは腸内細菌にいいものが多いですし、オリゴ糖と合わせてデザートを作りやすいです。今までダイエットの敵と思われていたほとんどのスイーツは痩せるスイーツだったのかもしれません。

善玉菌とはビフィズス菌や乳酸菌のこと!

善玉菌の中でビフィドバクテリウム属 (Bifidobacterium)に属するものをビフィズス菌といい、ラクトバシラス属 (Lactobacillus)に属するものを乳酸菌と呼んでいるそうです。

ならばビフィズス菌が含まれるヨーグルトも乳酸菌が多いぬか漬けも健康に良さそうですね。

ところが、胃酸によってほとんど細菌が腸内まで届かないんだそうです。

これは大誤算です。

これではいくらヨーグルトが体にいいからといって食べても無駄になるんじゃ駄目です。

そこで生きたまま腸まで届くビフィズス菌などという表現の商品があるようです。種類によっては胃酸に対する耐性があるようです。

痩せ菌・デブ菌には諸説ある模様

本サイトでも調べたりしていますが、Wikipediaでも

痩せ菌には、

「ウェルコミクロビウム門に属するアッカーマンシア・ムシニフィラ(Akkermansia muciniphila)」という腸内細菌

デブ菌には

「フィルミクテス門」の腸内細菌

のような細菌が該当しそうなことが書いてありました。

しかし、その後の統計で関係ないと証明されたということも書いてありまだ議論の余地がありそうです。

本サイトでは、

『クリステンセネラ ミヌタ』Christensenella minutaという腸内細菌が痩せ菌ではないかということになっています。

難しいですね。。

更新日 October 15, 2018, 9:55 am

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

『Shoku Beauty』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.