『医薬部外品ビオフェルミンは痩せ菌を増やすサプリと言えるのか?』<ビフィズス菌タブレットはおすすめなのか?>

『医薬部外品ビオフェルミンは痩せ菌を増やすサプリと言えるのか?』<ビフィズス菌タブレットはおすすめなのか?>

ビオフェルミンのサイトを少し調べてみます。

私たちのおなかを健康な状態に整えてくれる乳酸菌。
生まれてすぐはビフィズス菌などの乳酸菌でいっぱいの腸内フローラも、年齢とともに悪玉菌が増え、バランスが変わっていきます。

腸内フローラを整える手段の1つとして乳酸菌を摂ることが挙げられます。そのときに気をつけたいのが乳酸菌の種類。

乳酸菌にはさまざまな種類がありますが、新ビオフェルミンSは人の腸と相性がいい、ヒト由来の乳酸菌を配合。健康な人の腸内にすむ乳酸菌を研究し製剤化したくすりです。

腸に生きて届くのはもちろん、小腸から大腸まで広く定着して増え、すぐれた整腸効果を発揮します。

ビオフェルミン製薬より)

なんかビオフェルミンってこの手の製品の本家っていう感じですよね?

しかし、何かダウトな感じがただよっているように感じてしまいます。

  • 「生まれてすぐはビフィズス菌などの乳酸菌でいっぱいの腸内フローラも」→生まれてすぐは無菌状態。それから母乳や環境中から様々な細菌を取り込んでいく。
  • 人の腸内にすむ乳酸菌を研究し製剤化したくすり→ビフィズス菌かと思いきや乳酸菌のようです。そして、どの細菌かまで明記されているヨーグルトがある中でこのアバウトな表現ではよく分かりません。一般的な人の腸内の乳酸菌と同じ比率になるのでしょうか?人によって腸内環境が違うから腸内細菌のバランスも異なると思うのですが。

赤ちゃんは病気に気をつけないといけないのですね。風邪などでも免疫力が無い状態ですぐに大事に至ることがあります。だから大変なのですぐに病院につれていきます。

また予防接種があるのも忘れてはいけません。

疑い深くなりすぎているせいだと思います。大きな間違いではないと思いますし専門家が作った文章だと思いますので正しいのだと思います。

ダイエットサプリとして売られている総合的なサプリより腸内細菌だけに効く、病院でも貰えるようなサプリの方がいいかと思ったのですが、どうでしょう?

なんだか不安になってしまいました。

素人が感じたことですが、

人の腸内細菌は体内に1-2kgも存在している。人により細菌のバランスは異なる。それは腸内細菌の餌となる食べ物が違うから。

ここに毎日タブレットで微量の乳酸菌の集まりを飲んだところで、何か変化あるでしょうか?

いや、何もないと思います。体調壊した人でもこんなタブレットで腸内細菌を毎日補給しつづけないといけないなんてやばい状態だと思います。

だから、多分痩せ菌ダイエットとか、腸内環境を改善という点では意味がないと思います。

あくまでも個人的な感想です。

乳酸菌を微量に取るより、もっと良い菌を増やすためにその餌となる食物繊維を与えた方がいいはずです。

これは毎日摂取する意味があります。

腸内細菌は餌があって環境があえば人の体内で物凄い勢いで増えていきます。人の便の半分が腸内細菌だって言われているんです。毎日それだけの腸内細菌が外へ出ても平気なくらいのスピードで増えているわけです。

だとしたら、どこにでもあるような乳酸菌を微量摂取していくだけでは到底足りない気がします。

やっぱり、腸内細菌が配合されたサプリと腸内環境改善サプリとは違う、別物として考えなければいけないんだと思いました。

*ビオフェルミンはその効果が認められているため医薬部外品を名乗れるのであって整腸作用はあるのだと思います。

更新日 November 18, 2018, 1:14 pm

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

『Syoku Beauty』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.