『サプリで痩せるの?』<痩せ菌を増やす代わりにデブ菌を減らすダイエットはおすすめ?>

『サプリで痩せるの?』<痩せ菌を増やす代わりにデブ菌を減らすダイエットはおすすめ?>

痩せ菌を増やすというダイエットサプリのPR文がたくさんありますが、おすすめのダイエットサプリの一覧の中にも腸内細菌に注目したものがあります。

ところで、痩せ菌については分かりましたが、デブ菌についてはどうでしょう?

デブ菌を減らすというサプリはあるのでしょうか?またどのようなアプローチで減らすのでしょうか?調べてみたいと思います。

→デブ菌のほうは何が正しいか正確には分かっていない感じのようです。

デブ菌とはどのような腸内細菌?

Wikipediaの腸内細菌の欄に

ヒトの例では、イタリア都市部の低食物繊維・高エネルギー食の子供の便ではフィルミクテス門が多く、アフリカの高食物繊維・低エネルギー食の子供の便ではバクテロイデス門が多かった[80]。フィルミクテス門は脂質やたんぱく質を好み、バクテロイデス門は食物繊維を好む。逆に言えば高食物繊維・低エネルギー食を続ければフィルミクテス門の菌が減り、太りにくくなる

Wikipediaより)

しかし、、、

「一方、過去の研究を分析しなおした2014年の研究では、フィルミクテス門とバクテロイデス門との比率は、人間の肥満と一貫した関連性がないことが指摘されている」

と書かれています。

これでは全く良くわかりませんね。

どっちが正しいかはほんとのところよくわからない。という感じでしょうか?

それを踏まえた上で、

  • フィルミクテス門の腸内細菌:脂質やたんぱく質を好む
  • バクテロイデス門の腸内細菌:食物繊維を好む

ということと、

  • 高食物繊維・低エネルギー食を続ければフィルミクテス門の菌が減り、太りにくくなるのではないかという仮説が気になる!

ということが挙げられます。

おそらくこれを元に世間では議論が行われているのだと思うのでこれをまずは正しいと考えて調べてみます。

フィルミクテス門の腸内細菌がデブ菌と言われるものなのでしょう。

そして、バクテロイデス門の腸内細菌が増えると上のデブ菌は減っていくという相反する関係があるようです。

たしかに、食物繊維ばかりで低カロリーな食事をしていれば痩せるとは思いますが、逆に貧食からでもエネルギーを産出するための細菌が増えていて元の高カロリー食に戻した時に余計に太りそうな気がします。

もともと自然界では痩せることはマイナスで太ることは正義だったのです。

それが美容という人間の都合で痩せることが正義だと言われるようになっただけのことです。

これは自然の法則とは反対のことです。

だからややこしいのかもしれませんが、とにかく、腸内細菌は人が食べたものでその分布が変わるということが分かりました。

高カロリー食ばかり食べているとフィルミクテス門の腸内細菌が増えていくということです。そして、他の体に有害な細菌も増えていくこと可能性が高いです。肉や高カロリー食は悪玉菌を増やす傾向があるようです。

また、食物繊維が豊富で低カロリー食は善玉菌と言われる腸内細菌を増やす傾向があると言われています。

そのようなことをまとめると食べるもののカロリーも大事だけど、内容も大事だと言えそうです。

それは腸内細菌を増やす食物繊維を豊富に含むものだということです。

サラダを食べていればいいというわけではありません。決まったものがあるようです。

それがレジスタントスターチや難消化性デキストリンとかオリゴ糖など、善玉菌の餌となるようなものが良いのでしょう。

デブ菌についてはまだ真偽がはっきりしていないので、こういったものを選んで食べていればいいのではないでしょうか?

*執筆時点で公開されている情報をもとに調べた結果です。情報が必ずも正確とは限りません。

更新日 November 28, 2018, 6:56 pm

food-beautiful

食と美容の記事を書いています。

『Syoku Beauty』

運営者情報お問い合わせ

本サイトの表記上の注意をお読みください。

All Rights Reserved.