越中味噌

【越中味噌のおいしい度数】  *評価をお願いします。 Favorite Ratings. Please Rate !


越中味噌の通販、販売(円) (Search listings)


楽天市場で越中味噌を検索した結果。

無添加越中みそ 750g
価格:777 円

無添加越中みそ(750g)【杉野味噌醤油】
価格:751 円

無添加越中みそ(750g)【杉野味噌醤油】
価格:777 円

杉野味噌醤油 無添加越中みそ 750g
価格:1220 円
Supported by 楽天ウェブサービス


*表示している検索結果は、越中味噌の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains the others except Miso、Soybean paste - Ecchuu miso !


越中味噌のレシピ本、味噌こしの通販、販売(円) (Search listings)



Amazon.co.jpでレシピ 本 味噌を検索した結果。

おくすり飯114
価格:¥ 972 円

味噌大全
価格:¥ 3,240 円

「粗食」のきほん~ごはんと味噌汁だけ、あればいい~
価格:¥ 1,512 円

おくすり常備菜130
価格:¥ 972 円

みそ玉で簡単! 毎日のおかず (NHKまる得マガジン)
価格:¥ 617 円

一汁一菜でよいという提案
価格:¥ 1,620 円

*年会費を払ってAmazonプライムに登録すると、同居家族も含めて、プライム対象商品のお急ぎ便、配送料が無料になります。


楽天市場で味噌こしを検索した結果。

【タイムセール】【メール便送料無料 代引不可】レイエ 計量み・・・
価格:1534 円

Kai House SELECT みそこしセット ホワイト ・・・
価格:810 円

● OXO オクソー 味噌こしセット 【ポイント20倍付け】・・・
価格:2700 円

SALUS セーラス 万能こし 小 / 味噌こし[SL]
価格:772 円

パンチング みそこしセット(穴あきスプーン付) 20463
価格:1853 円

フジボシ ミニ万能こし器 赤柄みそこし
価格:648 円
Supported by 楽天ウェブサービス



越中味噌の口コミ-越中味噌を含むツィートの検索結果 (Twitterより)



越中味噌とは?作り方、料理、食べ方、味、特徴、産地、歴史、カロリー


伝統食材名 (Name)越中味噌
英語名 (English Name)Miso、Soybean paste - Ecchuu miso
有名な産地 (Producing center)富山県、他
伝統食材の説明 (Overview)富山県で伝統的に作られてきた味噌で、塩分濃度と水分量が高めの味噌です。米麹で米の分量の方が大豆よりも若干多めで1年程度の熟成期間をおきます。昔は各家庭に味噌樽があり熟成させて自家生産していました。
原材料 (Ingredients)米、大豆、麹、塩、他
歴史・由来 (History)
味・香り・食感の特徴 (Taste of)塩分濃度は11%と若干高めですが、ダシの代わりとなる成分が多く、味噌汁などをダシをとらずに作ることができるほど旨味成分が豊富です。
よく使われる料理・よく合う料理(Dish of)味噌汁、ブリの味噌漬け、鍋物、他
有名な商品名など(一部) (Brand name)吟醸越中みそ(杉野味噌醤油株式会社)、丸善ドリーム(丸善醤油味噌醸造株式会社)他
値段・希少性・入手性 (Price)普通の味噌として使える味噌で、とてもお買い得です。富山県では簡単に手に入れることができます。他県からはネット通販などで買うことが出来ます。送料との兼ね合いからも、特別な製法のこだわった越中味噌を買う方がいいかもしれません。
カロリー・栄養素 (Nutrition)199kcal(100g当たり)、
備考・メモ (Description) 富山県の味噌汁に使われていて、魚介類が多く入って脂分かなり多い味噌汁になる富山の味噌汁にも最適な味噌だと言われています。何がいいのかというと、出汁いらずというくらいに味がしっかりと出てくるからです。塩分が高く、熟成が1年という期間であるので、この間中、米、大豆の芯の奥までが徹底的に醸造されていき、旨味成分に変わるためではないでしょうか。


*本データは掲載時に調べた一部の情報であり、記載ミス、古い情報などもあります。商品名は表示されている名称であり、記載社名は調査時の販売・製造・生産者名になります。



越中味噌の食べ方、作り方など

  (http://www.youtube.com/より)





越中味噌の味、感想、料理、レシピ、食べ方 ( Description )


コッテリとした富山県の味噌汁というのは、ブリなどの青物が寒い時期に豊かな海からたくさんとれるため、味噌汁の具に入っている、いわゆる身を使い終わったアラの部分を味噌汁に使ったのでしょう。そのため、ダシ要らずというのは、もちろん、魚のダシは豊富に十分すぎるほど出ていると考えられます。また、この油が浮くような味噌汁でも味が消されないようなしっかりとした塩分と味が出てくる味噌なのだと思います。

同様に油が多くクセの強い代表のようなブリですが、これを粕漬けにするときに、越中味噌を混ぜるという使い方があります。これも通常の魚であれば、酒粕だけで十分過ぎるほど美味しいのですが、かといって、ブリの独特の油に負けてしまっては台無しです。ここで、越中味噌が最適な食材となってくるのだと思います。

このように見た目は米麹の淡白な感じがする味噌ですが、とにかく魚によく合うという印象の味噌です。そこから新たなる使い方が見えてくるかもしれません。