讃岐味噌

【讃岐味噌のおいしい度数】  *評価をお願いします。 Favorite Ratings. Please Rate !


讃岐味噌の通販、販売(円) (Search listings)


楽天市場で讃岐味噌を検索した結果。

【冷凍】お手軽簡単♪お鍋1人前!送料無料!山田家特製 冷凍讃・・・
価格:3240 円

讃岐みそセット 贈答用・3個入り【お年賀 ギフト】【楽ギフ_・・・
価格:1836 円

讃岐みそセット 贈答用・5個入さぬき水引細工 箸置付き【お年・・・
価格:3564 円
Supported by 楽天ウェブサービス


*表示している検索結果は、讃岐味噌の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains the others except Miso、Soybean paste - Sanuki miso !


讃岐味噌のレシピ本、味噌こしの通販、販売(円) (Search listings)



Amazon.co.jpでレシピ 本 味噌を検索した結果。

おくすり飯114
価格:¥ 972 円

味噌大全
価格:¥ 3,240 円

「粗食」のきほん~ごはんと味噌汁だけ、あればいい~
価格:¥ 1,512 円

おくすり常備菜130
価格:¥ 972 円

みそ玉で簡単! 毎日のおかず (NHKまる得マガジン)
価格:¥ 617 円

一汁一菜でよいという提案
価格:¥ 1,620 円

*年会費を払ってAmazonプライムに登録すると、同居家族も含めて、プライム対象商品のお急ぎ便、配送料が無料になります。


楽天市場で味噌こしを検索した結果。

【タイムセール】【メール便送料無料 代引不可】レイエ 計量み・・・
価格:1534 円

Kai House SELECT みそこしセット ホワイト ・・・
価格:810 円

● OXO オクソー 味噌こしセット 【ポイント20倍付け】・・・
価格:2700 円

SALUS セーラス 万能こし 小 / 味噌こし[SL]
価格:772 円

パンチング みそこしセット(穴あきスプーン付) 20463
価格:1853 円

フジボシ ミニ万能こし器 赤柄みそこし
価格:648 円
Supported by 楽天ウェブサービス



讃岐味噌の口コミ-讃岐味噌を含むツィートの検索結果 (Twitterより)

  • JapanFolkSpirit's avatar
    JapanFolkSpirit GO AROUND JAPAN(公式)
    GO AROUND JAPAN 2018 まであと76日! 今年のGAJでは、フードコートを全てGAJがプロデュースすることになりました!ジンギスカン丼、芋煮、味噌カツ、イカメンチ、讃岐うどん、じゃじゃ麺、ラフテー、タコライス、… t.co/41iSu2Juxg
  • JapanFolkSpirit's avatar
    JapanFolkSpirit GO AROUND JAPAN(公式)
    GO AROUND JAPAN 2018 まであと76日! 今年のGAJでは、フードコートを全てGAJがプロデュースすることになりました!ジンギスカン丼、芋煮、味噌カツ、イカメンチ、讃岐うどん、じゃじゃ麺、ラフテー、タコライス、… t.co/41iSu2Juxg
  • JapanFolkSpirit's avatar
    JapanFolkSpirit GO AROUND JAPAN(公式)
    GO AROUND JAPAN 2018 まであと76日! 今年のGAJでは、フードコートを全てGAJがプロデュースすることになりました!ジンギスカン丼、芋煮、味噌カツ、イカメンチ、讃岐うどん、じゃじゃ麺、ラフテー、タコライス、… t.co/41iSu2Juxg
  • JapanFolkSpirit's avatar
    JapanFolkSpirit GO AROUND JAPAN(公式)
    GO AROUND JAPAN 2018 まであと76日! 今年のGAJでは、フードコートを全てGAJがプロデュースすることになりました!ジンギスカン丼、芋煮、味噌カツ、イカメンチ、讃岐うどん、じゃじゃ麺、ラフテー、タコライス、… t.co/41iSu2Juxg


讃岐味噌とは?作り方、料理、食べ方、味、特徴、産地、歴史、カロリー


伝統食材名 (Name)讃岐味噌
英語名 (English Name)Miso、Soybean paste - Sanuki miso
有名な産地 (Producing center)讃岐地方(香川県)、他
伝統食材の説明 (Overview)讃岐地方、香川県の伝統的な白味噌です。だいぶ明るい黄色い色をした味噌で、様々な用途に使うことが出来ます。
原材料 (Ingredients)大豆、米、麦、麹、塩、他
歴史・由来 (History)古くから家庭で作られていたものが、大正時代に産業化されました。
味・香り・食感の特徴 (Taste of)西京味噌のように白味噌らしい、濃厚な甘みのある味わいがあります。
よく使われる料理・よく合う料理(Dish of)あん餅雑煮(香川のお雑煮)、サラダ、グラタン、鍋物、ラーメン、デザート、他
有名な商品名など(一部) (Brand name)イヅツみそ(イヅツみそ)、サヌキ白味噌(ヤマゲン)、他
値段・希少性・入手性 (Price)身近な食材という位置づけでとても安いです。香川から離れた場所での入手性はなかなか難しく、通販でもああまり売られていないことが多いようです。これは逆に日用品用の商品が多くて、贈答用の商品が少ないためあまり通販では取り扱われていないのかもしれません。
カロリー・栄養素 (Nutrition)199kcal(100g当たり)、
備考・メモ (Description)白味噌は熟成、発酵させずに使います。発酵させると赤味噌に近づいていきます。また、この白さを強調するために、大豆を茹でる時にアクや濁りを取り除くために、茹でる水を何回も取り替えていきます。このようにして、気を使って製造された味噌が白味噌です。また、麹の種類により味噌の色、味が変わります。讃岐味噌は米麹を使っています。

香川では生活に身近な味噌として、普段から様々な料理に使われている食材にです。お雑煮を作る時に使用した「あん餅雑煮」が有名ですが、とても綺麗な色のお雑煮ができあがります。ただし、あん餅というくらいで大変甘いので、甘い雑煮になりますので、かなり変わった料理といえそうです。

四国地方というと、瀬戸内海の温暖な気候が育む暖かい自然が作り出した大豆、米を使った味噌という雰囲気がただよってきます。たしかに伝統的に昔から作られていることで、自然環境の影響は大いに有り、同じ国内でも東北、関東とは気候条件がことなります。白味噌は発酵期間が1,2週間とほとんど熟成させませんが、それでも味に対する影響は大きく、食材が数日で変化していくのを知っていれば、温暖な讃岐の気候ではすぐに熟成がすすんで変化しているものと思われます。夏場、冬場で日数を調整し、匠の技を駆使して作られてきたことでしょう。

同じく、白味噌として有名な西京みそである京都の白味噌も、同様の味噌で西京漬けと言われるようにとても有名になっています。こちらの味噌との違いを感じるのも至高の贅沢と言えるかもしれません。ただ、現在では、生産工場は完全密封され外気とのふれあいもほとんどないので、場所柄による違いや麹菌の違いもあまりないと言えそうです。それにしても、最近では四国地方が温暖であるというのもどこへやら?本州平野部でも札幌よりも気温が低い日が数多く頻繁に続きます。もはや、列島全部が同じ気温帯になってしまったかのようです。諸島部以外の国内は全部同じ気候となると、こういった麹菌の働きにも影響が出てくるかもしれません。

現在はまだ、種菌が残っていても、気候が変わると麹の菌も変わるざる得ないかもしれません。そうなってくると、日本中どこで作っても同じ味噌になってしまうかもしれません。西京味噌と讃岐味噌の味の微妙な違いも薄れていくことでしょう。そうならないためにも、しっかりと消費者がその美味しさを理解して買い続けることで産業を守り続けることが大事なのではないでしょうか?ふるさと納税というシステムがありましたが、そういったもので大々的に全国に広めるということも1つの手であると思います。人々は珍しいもの、希少性のあるものに目がありません。レアなどといって、高いお金をいくらでもかけてしまいます。そういった食材を利用した料理をだすレストランでは、高い値段でそのような料理が振る舞われていることでそう。

*本データは掲載時に調べた一部の情報であり、記載ミス、古い情報などもあります。商品名は表示されている名称であり、記載社名は調査時の販売・製造・生産者名になります。



讃岐味噌の食べ方、作り方など

  (http://www.youtube.com/より)





讃岐味噌の味、感想、料理、レシピ、食べ方 ( Description )

讃岐で味噌といえば、うどんに入れて、味噌うどんとなりそうですが、あるにはあるようですが、白い味噌のうどんはあったら、ぜひ食べてみたいですが、讃岐うどんのコシの強さと食感を活かすには、やはり、だし汁、冷ほどコシとツルシコ感を堪能できるものであるからか、あまり、メジャーではないようです。得てして、味噌煮込みうどんはかなり煮込んで、崩れては居ないが、ぶっとくて中はモチっとした感じにかなり煮こまれている感じです。讃岐うどんでこれを実現するためには、麺の製法から変えていかないと難しいでしょう。

そんなことがあってか、淡白で合わせやすい白味噌の特徴からか、アペタイザー(前菜)に使われることが多く、野菜スティックの付けるペースト、変わりグラタン、味噌和えのサラダなどがあります。
さらには、スイーツなどにも使えるというから驚きです。たしかに、豆乳を使った甘味はよくありますので、大豆が主原料の味噌ですから、おおかた間違いはありません。また、伝統料理の「あん餅雑煮」は甘い雑煮ですので、相性はいいと言えそうです。

自分などは、魚を釣ったあとに、とくに、マス系の魚を釣った時などは、思った以上に釣れすぎてしまうことが有り、保存や食べるのに困るくらいになってしまいます。これは大きな問題で、おそらく、川釣りの釣り堀へ出かけた人は誰しも経験することです。高級な渓流魚のヤマメやイワナは1,2匹をじっくりと塩焼きで楽しむという贅沢さを楽しむことが出来ますが、ほとんどの魚はニジマスのため、塩焼きだけでは非常に飽々としたものとなり、1匹で限界ということが多いでしょう。さらには養殖用に非常に巨大化しやすいというのが特徴ですので、これを何とかしたいものです。海洋で養殖されエビのカロチノイドを与えたものは身が赤くなりトラウトサーモンとして高級なサケの代用品として使われていますが、皮育ちの白身のニジマスはかなりレシピに拘る必要がありました。

そんなとき、この白味噌です。白味噌を塗って西京焼きにするだけで、まるで、高級な京料理かと思うくらいに味が豹変します。
そうです。白身魚ならだいたい合うはずです。ぜひとも試してみるといいかもしれません。味噌を塗って冷凍保存しておけば、家計も助かります。