食材一覧







信州味噌


【信州味噌のおいしい度数】

  *評価をお願いします。 Favorite Ratings. Please Rate !


信州味噌の通販、販売(円) (Search listings)


楽天市場で信州味噌を検索した結果。

【信州こうじ味噌 1kg】白味噌・甘口つぶ・コク深まろやか調・・・
価格:1070 円

五穀味噌 750g(ごこくみそ)信州産の五穀を使用。信州味噌・・・
価格:1300 円

マルコメ 信州味噌漬の素(500g)[インスタント食品]
価格:216 円

ムソー 天然醸造 信州味噌 500g【楽天24】[ムソー 味・・・
価格:733 円

贈り物に美味しいお味噌を送ろう。信州で赤味噌といえばこの味噌・・・
価格:2250 円

【バレンタイン ギフト】信州おしぼりそば6人前を安曇野から打・・・
価格:4390 円
Supported by 楽天ウェブサービス

*表示している検索結果は、信州味噌の結果だけではありません。ご注意ください。 The Listings contains the others except Miso、Soybean paste - Shinsyuu miso !


信州味噌のレシピ本、味噌こしの通販、販売(円) (Search listings)



Amazon.co.jpでレシピ 本 味噌を検索した結果。

味噌の教科書 (TJMOOK 知恵袋BOOKS)
価格:¥ 539 円

日本初の発酵マイスターが教える! 今日の発酵食ごはん ~1・・・
価格:¥ 1,337 円

1杯で確実に健康力アップ! みそ汁レシピ100―毎日飲むか・・・
価格:¥ 1,080 円

漬けるだけ発酵食レシピ
価格:¥ 1,404 円

「神州一味噌」み子ちゃんのアイデアみそレシピ みそのチカラで・・・
価格:¥ 972 円

醤(ひしお)の料理 -麹の天才調味料をつくる、つかう-
価格:¥ 1,404 円
*年会費を払ってAmazonプライムに登録すると、同居家族も含めて、プライム対象商品のお急ぎ便、配送料が無料になります。


楽天市場で味噌こしを検索した結果。

【最大800円OFFクーポン配布中 1/23 9:59まで】・・・
価格:864 円

SALUS セーラス 味噌こし(ヘラ付) /ステンレス製品,・・・
価格:1037 円

ZWILLING(HENCKELS) ツヴィリング 味噌こし・・・
価格:3013 円

本間冬治工業(弁慶) 18-8ステンレス 万能みそこし小(漉・・・
価格:438 円

●OXOオクソー 味噌こしセット 【ポイント20倍付け】
価格:2700 円

18-8ステンレスみそこし105Ф味噌こし 【RCP】
価格:140 円
Supported by 楽天ウェブサービス



信州味噌の口コミ-信州味噌を含むツィートの検索結果 (Twitterより)

  • jin_kimihiko's avatar
    jin_kimihiko 佐藤 仁彦
    松本城公園で「信州・松本鍋まつり」。甘い松本一本ネギと🎃のスイトン入り! 信大キッチンさんの「味噌豆乳鍋」が一番美味しかった。氷彫フェスで冷えきった体も、ほっこり。信州大生さんに感謝。22日まで食べられます
  • megutin1219's avatar
    megutin1219 めぇ
    やっぱり!味噌!(笑) 越後みそ×信州みそのブレンド☆ 笹口店オリジナルメニューだって。 #まっくうしゃ#まっくうしゃ南笹口店#まっくうしゃ笹口店#みそらーめん#味噌らーめん#新潟ラーメン… t.co/U2BKpkQE53
  • b1c93hpx's avatar
    b1c93hpx ayumix
    五反田でナンパされた笑信州味噌くれようとした笑 けどいらないって言ったらビール友達になろうって言われ名刺を渡された!またテレビ関係の人だー!
  • stray_tiger's avatar
    stray_tiger とらひこ
    ほんの出来心で信州味噌から八丁味噌に浮気したんですが、色の濃さと味の対応が違ってめっちゃ調子狂う


信州味噌とは?作り方、料理、食べ方、味、特徴、産地、歴史、カロリー


伝統食材名 (Name)信州味噌
英語名 (English Name)Miso、Soybean paste - Shinsyuu miso
有名な産地 (Producing center)長野県、他
伝統食材の説明 (Overview)米麹味噌で塩味の強めの薄い茶色をした味噌で、最も多く生産されています。信州味噌という言葉は、長野県味噌工業協同組合の団体商標となっています。
原材料 (Ingredients)大豆、米、麹、塩、他
歴史・由来 (History)鎌倉時代の頃、佐久市にある安養寺(あんようじ)というお寺で作られていました。その後、関東大震災の後に、関東地方へ広く普及し、今では関東はもとより全国的にも広く消費されていて、全国の4割を占めるまでに至る味噌です。文字通り日本一有名になった味噌です。
味・香り・食感の特徴 (Taste of)米麹でクセがなく、塩味が強い。辛いというイメージの味噌で、ほんのりアルコール発酵しているかのような香りがすることもある。とにかく、塩味では一番、クセがなくて使い易いイメージの味噌です。
よく使われる料理・よく合う料理(Dish of)味噌汁、うどん、鍋物、他
有名な商品名など(一部) (Brand name)()、他
値段・希少性・入手性 (Price)非常にお買い得で、原材料にこだわっているものでもお買い得です。
カロリー・栄養素 (Nutrition)199kcal(100g当たり)、
備考・メモ (Description) もともとは寺院で作られていたという、いかにも秘伝の味噌という感じの味噌ですが、今では、会社名や商品名かと思うほど、頭に定着している言葉です。

たしかに、大手味噌メーカーが大量に生産しているので、信州味噌=~~味噌会社というのが頭に浮かんでしまいます。でも、本来は、大きなくくりでの味噌の種類ということであって、だいたいの特徴があって幅がある味をしているものです。

味噌は麹がコメか、大豆か、麦か、などでその種類が決まってきますが、原材料のコメ、ダイズ、麦、などは地域によって確実に変わってくるわけで、本来の伝統味噌はその地域のコメとダイズを使って、その地域の菌を使って作らなければいけないといえます。

こういったことはよく言われていて、発酵食品全般に麹菌を自然のものじゃなくて、別で作って吹き付けるというような作り方に疑問が湧いていて、それとは別に自然の力で作ったものを価値を見出して売っているところもあります。 そういうことはもちろん、重要ですが、生産施設の環境が昔の蔵から、無菌状態を作る工場へと変化した現代では同じようにはできません。もちろん、季節が決まっていて、温度によって活動する菌も変わるはずですから、年中生産するのにはやはり、昔と同じというわけにはいきません。

そういうときには、せめて原材料だけでも決めていきたいところです。信州味噌はおそらく、生産を効率化した大手においては、かなり、効率重視の作り方で昔ながらの味から違っている可能性もあります。そういう時には、信州味噌でも、小規模な生産者さんがいるのでそういうところから買ってみると、分かるかもしれません。

コメだって、昔はササニシキだったのがコシヒカリ系統ばかりになってしまい、もう、昔の味とは違うのかもしれません。 実際、味噌に使っているコメがどういう米かは生産者によるところです。海外産の原材料を使っているところもあるでしょう。 たくさんの企業が信州味噌を生産している現在では、そういう幅広い味噌が存在すると考えられます。 大豆だって、ほんとうに何十種類もの品種があり、地域によって違っています。これらは非常に大きい違いだと思います。納豆など、大豆そのものを食べる場合には気にするところですが、味噌はあまりクセがあっても困りますので、プレーンな大豆が選ばれていると思います。


*本データは掲載時に調べた一部の情報であり、記載ミス、古い情報などもございます。商品名は表示されている名称であり、記載社名は調査時の販売・製造・生産者名になります。



信州味噌の食べ方、作り方など

  (http://www.youtube.com/より)





















信州味噌の味、感想、料理、レシピ、食べ方 ( Description )


安くて美味しいのは信州味噌?

結果的に広く普及したということで、一番いい味噌か?といえば、それはどうかは分かりません。

よく、外の製品などでも、いい製品だからそれが市場で圧倒しているとは限らないことが有ります。たしかにブランドイメージは大事です。しかし、同じ、良いブランドイメージの会社だって、いまいちな製品を出すこともあるのです。

たとえば、

  1. 旧型の方式を採用していたのを新たな方式の採用とともに、新規製品を出した。

  2. その新規方式に問題点があったために改良を加えて、改良版の製品が登場した。

  3. 同様に、3つ目の改良をおこなって改良版が3タイプできて、、相互に互換性がない。

  4. 心機一転、全く、新しく別の方式の製品を発売し始めた。

  5. その製品においても、また改良版を登場させた。

  6. 以前の方式も含めて、大きく3つ、細かくは5つの互換性のない製品が市場に流通した。

  7. 結局、性能は一番、初期のものが一番良かった。さらに、一番安い。



こういったことがあって、そのメーカーはいいメーカーであり、問題があるとすぐに回収して直してくれるという非常にメーカーとしてはいい対応ができている素晴らしいメーカーであるのですが、残念ながら、製品群がハチャメチャです。

さらに、新しいものが高い値段で、ある意味、新機能だから、高いという理論を当てはめたわけですが、それが 結果的に、性能が悪いのに高いということになって、誰もそれを言う事ができずに、非常に困った状態になりました。

困り果ててしまい、結局、前の方式の製品を生産終了してしまいました。これで前の方が良かったという批判も消えて、単価も高くなって売上が伸びるという筋書きをたてたのですが、やはりネット社会、どの方式が一番性能がいいかが分かってしまい、それを生産終了するのは、信用を失墜させるということに気が付き、生産をし続けているという状況です。

このようなメーカーがいいのか?っていうと、

安くて、一番高性能な製品を作ってしまい、それが安くなりすぎたために、自ら、売上がダウンしていってしまいました。 市場を専有したのはいいのですが、専有し切ると、売上が伸びなくなります。また、どんどん値下げ要求が来てしまいます。

だから、結局、そういうことになったのでしょう。だから、そのメーカーの製品は、一番、安くて、一般的にはしょぼいと言われるものが実は一番、高性能だと言える。 もしくは、高級製品とほとんど性能は変わらないが、見た目などの付加価値で高級感を維持している。そして、そのことをほとんど誰も知らない!ということになっているのでした。

これはいいメーカーといえば、良いメーカーです。製品を選ぶのはユーザーですし、高い製品を買う方が悪いわけです。つまりは、安いものは良い!という話があって、結果的に、安いものは良い物になっていることがあるという事例です。

信州味噌も多分、一番安い味噌です。これだけ売れているし、生産されているから、安くていいものが作れるわけです。だから、生産効率も追求され、品質で言えば、、一番なはずです。

みその品質がなになのかは定かではありませんが、揃いがいい、雑味が無い、傷みがこない!

などのことがあげられますが、とにかく、多分、信州味噌は安くて良い味噌なのだと思います。



信州味噌の特徴、食感、味、匂い、風味など

DSC_9693_20150803_56515 一般的な信州味噌として売られている味噌です。一般的な味噌という感じで売られているものです。とても、シンプルな見た目で、硬めの粘度で、しっかりと形を維持しています。粒はほとんど綺麗にすり潰されていて原型はほとんどありません。

DSC_9694_20150803_56516 味噌をよく見ていっても、粒は非常に細かいです。そして、大豆や米という感じではなく、完全なペースト状になっている気がします。粗挽きのように、粒を残すものもあるのですが、信州味噌はこういうシンプルスマートなものが多いです。




麹歩合とは?麹が多い味噌、信州味噌の麹を増やすとどうなる?

麹歩合という言葉があります。麹となるのが米だった場合に、そもそも麹とは、カビと考えればよく、麹にする方の材料を蒸したり煮て、それをしばらく放置し、麹菌が繁殖させます。そして、もう1つの茹でたり蒸した原材料と食塩とを合わせて、熟成していきます。

そのときの麹となる原材料の割合を麹歩合といいます。 たとえば、米麹の味噌で、大豆と米の割合が、10:10だった場合には、10歩味噌といいます。歩合の代わりに割合という言葉を使うことも有ります。

中には、20歩の麹味噌があります。 これは、麹味噌と呼んで製品化したもので、特に麹が多いもので、通常では考えられないくらいの麹の量の味噌です。以下に、米麹が20歩以上の味噌というのがあったので、写真を撮りました。これはもう、流行りやブームなどで、麹が取り沙汰されて、何にでも麹と付けると売れるという単純な理由からですが、、おかしな話です。でも、売れているから、家の冷蔵庫にあるわけで、そのメーカーは素晴らしい戦略だったと言えるでしょう。

でも、世の中、食材を買う人もおかしな話です。本当に、もう少し、詳しくなってから選んで欲しいものです。それが全員の食事を作っているわけですから、そこが崩れたら日本中の人の食生活がおかしくなるわけで、外食したほうがマシだということになるわけです。よく、自炊しないで外食中心の食生活で体が心配だというのですが、それは逆もしかりで、ろくでもないものを作っている自炊では全く意味がありません。大抵の飲食店では、家庭よりもちゃんと作っています。しかし、麹って、カビですよ。ほんと、散々、カビが嫌だとか言って、一年中、窓開けて湿気、湿気騒いでいるくせに、麹だけそれはねえぜえって思いますけど。。。

DSC_9688_20150803_56510 見るからに白いツブツブがあります。米だということがすぐに分かります。

DSC_9689_20150803_56511 広げてみると、水っぽくて形が決まりにくい感じです。たしかに白い米が見えています。わりと大きいつぶが残っています。


麹味噌というと麹となる原材料のほうが多い場合、というのでしょうか、自由に使っているようです。

このような20歩を超えるほどの麹味噌は少し、だいぶ、その影響が出ているようで、見た目が緩くなった味噌で、何かで薄めたように見えます。また、アルコール臭がして甘い香りがします。言ってみれば、酒ですね。

まさに、米を発酵させて日本酒を作った。ということに近いのか、匂いを嗅ぐと、かなりのアルコール臭がします。これは添加しているのか?っておもいます。よく、香水などでもアルコールが主体となっていると思いますが、あれはアルコールがすぐに蒸発して、気化するのでそれにニオイのもととなる油分を混ぜておけば、そこらじゅうに、自分の匂いを拡散できるという、微妙なものです。

はたしてあなたの匂いを周りの人にかがせてどうするつもり?と思います。

それは香水の話でした。味噌、食べ物に関しては結構いいもので、香りを強めることができます。そういうことで、アルコールが入っている食材は多いものです。しかし、この麹味噌、アルコールは入っていません。そして、通常の味噌でもアルコールが入っていないのにアルコール臭がします。

なぜ????

もちろん、日本酒ができたわけです。味噌の中で、。

これはすごくて、味噌の匂いをすごく飛ばして確実に人に感じさせることが出来ます。でも、味噌は単体で舐めるのはマニアくらいで、普通は、料理に混ぜてしまいますので、このアルコール意味あるの?って思います。

逆に料理酒を入れる手間が省けて、甘味成分が増えたと思えばお得な味噌です。

つまりは味噌汁に酒を入れているわけです。知らない間に。。。



しかし、値段はとても大事な要素です。

おそらく、味、価値というものがどうこうというよりも、値段が一番のファクターです。

趣味の世界でもすぐに辞めてしまう人が多い趣味が有ります。 そういうものだと、あいかわらず、ダメなモノが平然と、高くていいものだといって売られています。でもホントは全然、よくありません。 これが、普通だったら淘汰されるでしょう。でも、みんなその趣味から1年くらいで飽きてやめてしまうので、何十万円か投資するくせに、やめてしまう。また、年齢を考えればその趣味ができるのは本当に元気で体力がありあまるときで、日本の気候からいったら、できるのは一年のうちの数ヶ月で、それも、休みが取れない会社員は休日に行くしかなく、むちゃくちゃこむし、ろくなことがない。。。。

という趣味の世界があったらすぐに辞めるというものです。 そうすると、結局、その趣味で使うモノがいいとか悪いとか、経験者が分かるんですが、直ぐにやめてまた新しい人が始めるから、ノウハウがたまらないんですね。 すると、ダメなものが高く売れる。メーカーの思う壺です。まるで、権力者のようですが。。。

ほんとバカバカしいことですよ。でもホントだから。仕方ありません。

ですが、そういう殿様商売もうまく行かなくなっているようです。それは、新しく始める人の収入が減りまくりだからです。ほんとうに減っていて、NEWSになっていますが、昔は、最初にハマって、一年目で一番お金をかけるのですが、その新人がお金がないから、もう買えないし、いいや。安いやつで。。っていうのが多くて、高いのが全然売れてないらしいです。

そういうことを反映してか安いモデルに力を入れるといっていました。

味噌に安いモデルがあるかどうか?はさておき、
  • 安いモデル=日常品の味噌

  • 高いモデル=贈答用の味噌

  • ということがあります。 ここで、信州味噌がどちらか?といえば、日常品が圧倒的なわけです。でも、これを低く言っているわけじゃなく、こういう路線でいったからこそ、市場を占めるまでになったわけで、これは正しい選択だったといえるわけです。

    まあ、コメでもカネでも、好きな割合で吸い取られるわけですから、麹歩合とかいってる場合じゃないんですが、別に収めるために稼いでいるわけじゃないのですが、お金を集めることをしないといけないらしいので、多分、それは正しいことだと言えるかもしれません。逆に、集められないと大変なことのほうが多いので、そう言わざる得ないわけです。

    そこで、味噌といえば、庶民の味方!なわけです。やっぱり、味噌ですませば安く済む。ということがあれば、人々の生活を楽にしてくれるわけです。消費が少なくすみどうにか、年貢もおさめられる、、、、じゃなかった、生活費を収められるというものです。 もし、味噌だけで生きていけたら、、まあ辞めといたほうがいいですが、、、、節約になるわけです。

    だから、やっぱり味噌は安い方がいい!みんなが喜ぶのでいいわけです。



    暑い夏にはおすすめの味噌汁、寒い冬、ストレスの多い会社にもオススメの味噌汁

    味噌は肩こりを緩和します。

    この時点で、ストレスが多い仕事をしている人にはいいですが、ストレスが会社自体に問題があると、まあ、味噌汁サーバーなんておかしてくれないでしょう。まるで無駄です。でも、自販機で売っていいレベルです。

    さて、そういう他にもあります。味噌汁はとにかく、アミノ酸が多いのも有りますが、塩分とミネラルが多いです。

    ご存知のように手掘りで鉱山をほったりしている作業中に水だけを補充していたら、倒れる人が多かったのに、岩塩を一緒に支給したところ、誰も倒れなくなったといいます。 また、塩を配備している作業所もあります。工場の片隅に塩の山がある。。。

    そういうことまでいかなくても、熱中症は本当に大敵です。 仕事で体を屋外で動かす場合、夏場ならまず、真水じゃだめで、塩気をとらないと危ないと思います。遊びならそこそこ、日陰へ逃げるとかできますが、仕事で汗が吹き出るようなときは、もう、補給し続けないとだめです。また、最近では、都市部で35度以上になる日が1週間続くこともあり、平気で記録を更新します。

    IPHONEの天気予報をみたら、体感気温が42度というところがありました。

    もう、昔の日本じゃない。寒いし暑いし、、、もう嫌だ。

    ということで、やはり、味噌汁を一日に、食事時には飲むようにすると3回は補給できます。今でこそ、スポーツドリンクが手軽になって粉で買えますが、あれと味噌汁が1kgの味噌で何倍作れて、お得か、、計算してみましょう。 味噌汁の圧勝です。



    東京都市部を助けた信州味噌

    関東大震災、戦争、などの苦境に立たされた時に、人口が多い都市部への味噌の供給をすることに力を入れてきました。そのたびに、美味しいという評価が上がり、今のように一番食べられている味噌となったのです。 そういった災難のたびに、都市部の味噌の生産工場は壊滅的被害を受けたはずで、そのときに、毎日使う食材である味噌はコメなどの主食と同様に重要だったわけです。

    それはたくさんの人々が食料、とくに味噌は日本では基本調味料の1つであり、無いと料理ができない大変なものでした。また、作ると言っても家庭で作るには少し大変なもので買うのが一般的でした。

    そういうことをきっかけにしたのがいいのか、悪いのかわかりませんが、いずれにせよ、今現在の地位を築いているというのは、やはり、そのとき、食べた人が美味しい、ありがたいとおもわなければなかったわけで、やましいことなどなにもありません。

    味噌としてはほとんどの人が普段食べている味噌なので、普通としか言いようがなく、表現ができない。ただの味噌、味噌というのはこういう味だと教えてくれた味噌が信州味噌なので、これをベースに他の味噌を表現することがあります。

    そのため、あまりにも普通になりすぎたので、いろいろなバリエーションを作り出し付加価値を付けて売られている味噌があります。信州味噌でも赤っぽいもの、麹をたくさん入れた、麹味噌、、減塩など、、健康機能性をうたったものもあります。

    しかし、今では、味噌の塩は高血圧にはあまりなりにくい、などと言われたりしています。また、他の物質が健康にいいということで、逆にいいんじゃないかというくらいです。

    一番、成功したのは麹味噌でしょう。見た目にもコメの形、つぶがあり、味もわかりやすい、マイルドになっています。昨今の麹ブームで、なんでも麹ってつけときゃ売れるよっていうのもありますが、それにしても売れるわけです。今では、その麹味噌の麹割合をさらにあげて、ほとんどありえなかったくらいにしたものを麹味噌として売られたりしています。

    こういうのが受けるんです。ブームに乗る層に対しては。。

    麹がメインで味噌の味がするっていうほうがいいらしいです。なんでか、多分、感じがきれいな形をしていて、読み方がわからないけど、読めたら少し賢そうな感じがするからじゃないでしょうか。。。なんとなく、知的でかっこいい感じがします。

    そんなものです。買うか買わないかなんて。 ただ、一応、甘味がまして、嗜好性が高くなっています。アルコール発酵もあり、それも癖になる理由でしょう。いろいろと複雑に絡み合った理由があり売れているのです。

    でも、それって信州味噌じゃない。といえます。

    信州味噌は何の変哲もないただの味噌だというのが正しい訳です。本来は。

    関東都市部で暮らす人々には、ただの味噌、手前味噌なわけです。





    いろいろな伝統食材を探す (Search Foods)


  • 一覧から選ぶ(List Foods)





  • おすすめのページ!




    おすすめ商品は↓こちらから!












    中古レンズIphoneアプリ おすすめゴーヤークロスバイク改造種まき菜種イチゴフィルムカメラナス